灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (156)
  • (389)
  • (437)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 3020
レビュー : 176
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174132

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 池袋は安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。
    盗撮画像を売りさばく小学5年生が、マコトにSOSを発してきた。
    “まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手にマコトの打つ手は?
    街のトラブルシューターの面目躍如たる表題作など4篇を収録したIWGPシリーズ第6弾。

  • 今のところ6作目が自分のベスト。フェニックスが最高だな。こんなに上手くいくのか、そりゃあ小説だからだと思うが、上手くまとめたストーリー展開は凄い。サクサク読めた。

  • 本シリーズでは初めての星5つ。加害者側の話があったのがよかった。自分が当事者になればこう綺麗にはいかないと思うけど理想があったと思う。

  • 良い話ばかりだった!

  • IWGPを久しぶりに開いて、マコトの魅力に一気読み。

    非合法ビジネスマンの小学生、被害者と加害者の握手、前キングの無認可保育園、外国人、風俗殲滅計画の撃退。
    特に頭二つの話が好き。

    灰色のピーターパン/野獣とリユニオン/駅前無認可ガーデン/池袋フェニックス計画

  • とにかくまこっちゃんの考え方やスタンスが好きです

  • 面白かったです
    以上!

  • 1009 IWGPシリーズ6作目。相変わらずの面白さ。野獣とリユニオンにはホロリときて、池袋フェニックス計画にはハラハラ続きでした。着実に、忍耐強く、賢くあれ!

  • このシリーズホント面白いから(≧∇≦)

  • 2010/6 再読

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI (文春文庫)のその他の作品

石田衣良の作品

ツイートする