ブタの丸かじり (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.50
  • (10)
  • (7)
  • (34)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167177454

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりにチューチュー食べたくなりました。みうらじゅんの解説もおもしろい。2014.08

  • 豚肉のブロック400Gを買ってきて、30分ゆでる。生醤油に20分つける。これで、おいしいチャーシュー、ラーメンにあうチャーシューができるとか。食べてみたい。

  • ひたすら食いもんの話ですが、どうにもオモシロイ。
    ちょっとした旅に携える一本としては、最高に良著です。何も考えずにただする食いもんの話って楽しいですよね。

    ナタデココの話がとにかく面白かった。ナタデココのイイところを『食った瞬間「こりゃ相当手間ひまかかるぞ」と思わせておいて、アッという間に無くなる、引き際の良さ』と答えるさだお先生さすがです。

  • 「ブタの丸かじり」4

    著者 東海林さだお
    出版 文春文庫

    p107より引用
    “わずかに溶解した液体をチューチュー吸う。”

    マンガ家でありエッセイストである著者による、
    食べ物に関するエッセイをまとめた一冊。
    おせち料理から大根おろしまで、
    身近な物からあまり縁のない物まで、
    幅広く紹介されています。

    上記の引用は、
    凍らせて食べる事が多い棒状のジュース、
    「チューチュー(通称)」についての一文。
    この回は反響が大きかったようで、
    それを取り上げた回が後に載せられています。
    ちなみに私はガリガリと顎を鍛えながら食べる派です。
    食欲不振の方に。

    ーーーーー

  • 090809(n 090826)
    100625(n 100810)

  • 単純におもしろい。
    淡々と料理の話をしてるだけなのにおもしろい。

  • 「チューチュー大反響」も来た来た来たっと興奮して読んだ。裕福な家庭の人は知らないかもしれないけれど、一般家庭に育った人なら誰もが食べたであろう清貧グルメ氷菓。「チューチューの教訓」に引き続く第二弾。あまりに反響があったため今回のコラムとなったわけで・・。内容もさることながら、実は私は「チューチュー殺人事件のプロット」という挿絵に笑った(笑)いいこういう感じ。ちなみに私の家庭では何故かボンボンと呼んでいる。何故だろうか。今度帰省したときに聞こうかな。



  • 相変わらずさだおはいい。よく出来た落語を読んでいるような感覚。それにしてもこの人、おせち料理の話が好きですねえ。

  • 丸かじりシリーズの中でかなり好きなほうです。さだおさんのご飯に対する姿勢は本当尊敬!

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1937年東京都生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田大学露文科中退。70年『タンマ君』『新漫画文学全集』で文藝春秋漫画賞、95年『ブタの丸かじり』で講談社エッセイ賞、97年菊池寛賞受賞。2000年紫綬褒章受章。01年『アサッテ君』で日本漫画家協会賞大賞受賞。11年旭日小綬章受章

「2019年 『ヒマつぶしの作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブタの丸かじり (文春文庫)のその他の作品

東海林さだおの作品

ツイートする