新装版 大いなる助走 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (35)
  • (54)
  • (63)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 470
感想 : 47
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167181147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いつか自分が、自分の作品が、自分何かが絶対的に世間に選ばれる日が来る。
    そう信じて、他を蹴落とし誇りを無くし自分をも無くした結果が殺人、自殺、破産。
    自分を抉り続けて何かを作り出すことに何の意味があるのか。
    だけど、それでも何かを作り上げたいと願ってしまう。
    何かを作ることはそのくらいの覚悟が必要で、
    そして選ばれることはほとんどない。
    永遠に終わりのない、先の見えない助走をいつまで続けるのか。
    この小説を選ばれた存在である筒井康隆が書いているのが面白い。

  • 2019年第1回新歓ビブリオバトル

  • 選考委員を務める老大家作家先生たちのクセのある名前が、文壇の得体の知れなさやグロテスクを表しているようだ。不意打ちに加賀まりこ。ラスコーリニコフもかくやというような自己瞞着の犯罪論理。

  • おもしろい。ブンガク人間たちの嫌な感じをいい加減煮詰めたのち、259ページを皮切りに賞の結果が分かってからの加速度がすごい。
    最後の1ページあたりが結局いろいろな物事に当てはめられて読んでてドキッとした。

  • 怨念の籠り方のレベルが違う。

  • 天晴れ、筒井康隆。自分の会社の恥部をさらけ出して、最後は絶命する主人公をして、作者が住む世界の恥部をさらけ出す。度を超えた下品な表現が舞台喜劇を思わせて楽しい。ぐへへへひひひ。大岡昇平の解説と筒井の新刊のためのあとがきも面白い。

  • これはちょっとすごい。ザ・筒井康隆といったところか。

  • 筒井康隆にしてはまあまあといったところ。しかし相変わらずとんでもなく風刺と皮肉が効いてる。その切れ味はさすが。

  • 久々に再読。これが文藝春秋に掲載されたのが凄い。いま、書いたらいろいろと外野がうるさそうです。

  •  文壇の裏側や文士気取りのエリートを戯画化して皮肉った痛快な作品。さすがに本当の文壇はこんなのじゃないよね?と思うけど、この何分の一くらいは本当にあったりして、と思ってしまうほど、突拍子のない部分と妙にリアリティーのある部分のバランスがとても良くて面白かった。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家

「2017年 『現代作家アーカイヴ2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井康隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×