蘇我入鹿 落日の王子(下) (文春文庫 (182‐20))

著者 :
  • 文藝春秋
3.62
  • (8)
  • (9)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 147
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167182205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「もっと直接会って話し合えば良いのに」という意見は無責任である。「会ったことによって事態は益々悪くなる」(黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿 下』文春文庫、1985年、188頁)。昭和的な対面コミュニケーション至上主義を強要することはできない。

  • 『落日の王子 蘇我入鹿 上 (文春文庫)』では蘇我氏がクーデターで物部氏を失脚させて、政治の中枢を握るところまで、『落日の王子 蘇我入鹿 下 (文春文庫)』で、乙巳の変で蘇我入鹿・蝦夷親子が暗殺されて、翌年に大化の改新という政治改革が始る手前で終わっている。

    蘇我氏が台頭して、入鹿・蝦夷親子が暗殺されるまでの過程が描かれている。古代日本史が好きな人に薦めたい本である。ただ、古代日本史の本を読んだことがない人、大学受験の日本史で古代史が苦手な人にとって、人物の略系図はあるが人物の解説がないという点で、難しいと感じる人がいるかもしれない。

  • 大化の改新(乙巳のクーデター)に至る、中臣鎌足の策謀がじわじわと進行していく。結局、皇極女帝が女性であるが故に非情に徹しきれず、皇帝になれなかった入鹿の姿が何となくもの悲しい。

  • ついに山背大兄皇子の一族を滅ぼし、頂点に立とうとする蘇我入鹿。しかし、その陰で自分自身が誅殺される陰謀に気づくことはできませんでした。『日本書紀』の中でも最も劇的なシーンである「大化の改新」がついにやってきます。

  • 政治的支配者たる大王と祭祀の支配者たる皇帝の権威を併せもつ座に登ろうとする蘇我入鹿。その野望が中大兄息子=藤原鎌足による大化の改新に脆くも潰え去るまで

  • 4167182203 269p 1988・1・25 5刷

  • これまでの蘇我入鹿の人物像は、自分の野望の為に権力を専横し、
    鎌足と中大兄に滅ぼされたという印象しかなかったが、
    どうしてそうなってしまったかが納得できるような国際状況、
    生い立ち、人間関係などが語られていてとても楽しめた。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

黒岩重吾

一九二四年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中に学徒動員で満州に出征、ソ満国境で敗戦を迎える。復員後、証券会社などに勤務しながら、「近代説話」の同人として小説を執筆。六〇年『背徳のメス』で直木賞、八〇年『天の川の太陽』で吉川英治文学賞を受賞する。九一年紫綬褒章受章、九二年菊池寛賞受賞。二〇〇三年死去。

「2021年 『斑鳩王の慟哭 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒岩重吾の作品

蘇我入鹿 落日の王子(下) (文春文庫 (182‐20))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×