空港にて (文春文庫)

著者 : 村上龍
  • 文藝春秋 (2005年5月1日発売)
3.17
  • (81)
  • (215)
  • (666)
  • (114)
  • (37)
  • 本棚登録 :2299
  • レビュー :284
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167190064

空港にて (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 村上龍に最近はまってて、たまたま手に取った一冊。自分が今まで読んだ他の作品に比べるとえぐい描写はほとんどなく、心情描写に焦点をあてて「時間を凝縮させた技法」で主人公の人生の背景や人間関係が描かれている。
    一遍話が終わったところで時間は大して進んでいないけれど、話の終わりには主人公のことをずいぶん知った気になって、気が付いたら感情移入していた。主人公たちは少し暗い部分を抱えていて、全体的にもやがかかったような雰囲気があり、その感じが個人的に良かった。自分も頭の中でよく考えるタイプなので、この描写の細かさ、面倒くささが気にいったのかもしれない。

  •  長編小説が意外といけることが判明したので、再度、短編集にチャレンジしてみたんですが。

     ダメでした……。

     合わない。とことん、合わない。
     もうちょっとマシだと思ったんだけど、読んでて苦痛で仕方がなかったです。
     苦痛ついでに、どうしてこんなに苦痛なのか、ぼんやり考えてみた←

     その結果、この人の日常描写の小説って、情報過多なんだなあ……って思いました。
     前は「アフターダーク」読んで、「もう二度と読まねえ!!」って思ったんだけど。
     そもそも、誰かの足元で虫が動いていようと何を食べていようと! その虫が1匹だろうと2匹だろうと! そんなことは物語の本筋には関係ないし、そんな細かいことをいちいち知らされても困る……というわけだ。
     そこで行くと長編的なものになると、現代小説+ファンタジー要素の説明が入ってきて、その細かいくらい鬱陶しい説明がファンタジー要素の設定説明で相殺されるようなので、何とか耐えられるレベルになるんだよね。

     あー……本当、苦痛。

     でも、この人もしかして本当に、これだけの情報量をいつも相手にしている世界に生きているのかもしれないなあ……と思ったりしたら大変だなって思います。
     ちょっと昔に「鈍感力」って日本語が流行ったけど、その言葉がこれほど大切だと痛感できる物語ってそんなにないよね……という。
     まあ、私もその神経過敏というか聴覚だったり、触覚だったりが過敏だというのは、感覚的にわからなくもないけど、これだけうるさかったら正直鬱陶しいわ!! と思う。

     作家さんだから、わかってて書いているのだと思うんですけど、それにしてもしんどいっすね。

  • 初の村上龍。読んでいて空気が淀んでいるような閉塞感を感じたにもかかわらず一気に読んでしまった。「空港にて」は希望を感じさせるラストてよかった。

  •  8編からなる短編集。
     8つの身近な場所があり、8通りの時間経過があり(絶妙な表現方法を用いている)、閉塞感を漂わせる8人の男女が登場する。
     話の流れを追う、というよりも、とある場所のとある時間を切り取った場面を描写している。
     過去は語られるが、未来は語られない。
     つまり、その場所から、その時間から、突き詰めて言えばその人生から、旅立つことが出来るのか、出来ないのか、希望は叶うのか、叶わないのか、それら一切は語られていない(最後の「空港にて」のみは、ホロリとする希望に満ちた作品ではあるが)。
     結果を求める人や、話の流れを読みたい人、突拍子もない出来事を楽しみにしている人にとっては、この本は退屈で仕方ないだろうな、と想像できる。
     僕は読み始めてから、ズルズルと引き寄せられるように、最後まで一気に読み通してしまった。

  • 実験的作品なのでしょうか。非常に変わったつくりです。
    全ての短編が、時間にして数分間、場所的にも(それぞれの短編の題が示すように)狭い空間を舞台に語られます。情景の語りは極端に客観的です。ストップモーションが時間をおいて何度か描かれるような記述です。その中で、ごく僅かに主人公の心象風景が語られるのですが、これが物語の核なのでしょう。
    そういう造りは私小説の雰囲気です。しかし私小説は自分を主人公にするものです。一方、この作品では自分以外を主人公にしているので"他人小説"とでも呼べばいいのでしょうか。
    文体の持つ独特のリズムは面白いとは思います。しかし、その他に何があるかといえば、悪く言えば"奇妙な味"という感触です。いわゆる珍味と同じで、好きな人には受けるのかも知れませんが。

  • 初めて読んだ村上龍作品。面白かった。
    引っ越しや入学・卒業、就職など、人生における転換点に立っていると感じる人に是非読んでもらいたい。

  • ルームトーン、眼球に映る無数の家具…
    そのまま映像にできそうな、取捨選択もなく綿密に執拗に描写した背景の中の私。あと100年後には歴史資料として使えそうだ。
    その中で、遡る私の記憶、いくつかの印象的なモチーフ。そんなに面白みはないけれど大衆の雑踏のざわめきと匂いを感じとれて良い。葛藤の中の、決心とか結末とかが前向きな方向で、後味は悪くない。

  • 2017年、25冊目です。

  • 思考が取り留めなく流れる感じはよく考えたら自分も普段してたりしそうなんだけど…。内容自体も悪くはないというか結構好きな感じもないではないんだけど…。

    彼の作品はなんか、ご自分の体験に裏打ちされてるんでしょうか、高級ワインとか高級ななんちゃらの蘊蓄がダダ漏れ過ぎる所がとにかくダメ。バブル臭い。

  • この人は合わない。つら

全284件中 1 - 10件を表示

村上龍の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

空港にて (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする