空港にて (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.17
  • (84)
  • (219)
  • (678)
  • (118)
  • (37)
本棚登録 : 2427
レビュー : 290
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167190064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編のなかでは「空港にて」が一番すきだが、全体にあまり好みの文体、小説ではなかった。

  • 実験的作品なのでしょうか。非常に変わったつくりです。
    全ての短編が、時間にして数分間、場所的にも(それぞれの短編の題が示すように)狭い空間を舞台に語られます。情景の語りは極端に客観的です。ストップモーションが時間をおいて何度か描かれるような記述です。その中で、ごく僅かに主人公の心象風景が語られるのですが、これが物語の核なのでしょう。
    そういう造りは私小説の雰囲気です。しかし私小説は自分を主人公にするものです。一方、この作品では自分以外を主人公にしているので"他人小説"とでも呼べばいいのでしょうか。
    文体の持つ独特のリズムは面白いとは思います。しかし、その他に何があるかといえば、悪く言えば"奇妙な味"という感触です。いわゆる珍味と同じで、好きな人には受けるのかも知れませんが。

  • 思考が取り留めなく流れる感じはよく考えたら自分も普段してたりしそうなんだけど…。内容自体も悪くはないというか結構好きな感じもないではないんだけど…。

    彼の作品はなんか、ご自分の体験に裏打ちされてるんでしょうか、高級ワインとか高級ななんちゃらの蘊蓄がダダ漏れ過ぎる所がとにかくダメ。バブル臭い。

  • 普通

  • ありふれた場所での、個人の視点で描かれた短編小説。自分もその場にいるような不思議な気分になる。

  • とりとめもない日常をこれでもかと緻密に書き上げたという感じの短篇集。作家としては好きなんだけど...うん。

  • 著者が傑作と自画自賛する「空港にて」を含む短篇集。


    どうも私は苦手です。読みづらいし、あまり感情移入もできなかった。

    回りくどい表現も苦手かな・・・

  • 新聞で村上龍さんの連載を読んでいて興味を持ったので読んでみた。
    でも、全体的にすっきりしない結末にモヤモヤ。
    読み終わって、「だからなに?」みたいな。
    短編だから仕方ないのかなぁ。
    人物の描写はすごく好きな感じなんだけどな。

  • 2008年05月13日 13:36

    著者が自ら最高傑作と称した「空港にて」を含む短編集。

    取り上げられているのは雑多の中の個。
    設定される場所も、ありきたり。
    スポットを当てられる人もありきたり。
    何が起きるわけでもなく、時間の経過と当人の思考と周囲の観察があるだけ。
    それをひとつの作品に仕上げるところが作家ですね。

    勝手な想像だけど、この短編は期間かけて書いたんじゃないかな。それぞれに配分される希望と惰性の割合がすごくばらばらに感じた。
    「コンビニにて」と「クリスマス」がいい例だと思う。
    個人的には「居酒屋にて」が好き。

  • 初めて村上龍の本を読んだけど、あまり面白くはなかった。
    短編だからかな・・・

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上龍の作品

ツイートする