黄昏のロンドンから (文春文庫 232-1)

著者 :
  • 文藝春秋
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167232016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2016/03/25 読了

  • 第8回大宅壮一ノンフィクション賞。
    家族揃ってロンドンに8ヵ月滞在した筆者による、イギリス生活についてのエッセイ。主婦視点、母視点で、日本とイギリスとのカルチャーギャップについて触れている。
    イギリスはアメリカ以上に人種のるつぼであること、イギリスのおばちゃんは大阪のおばちゃんより傍若無人であること、イギリスには包丁がないこと(というか海外には)、など。
    イギリスの生活事情がよく分かるが、日本との対比で書かれているため、「あぁ日本ってこんな国だったんだな」と、(イギリスのことではなくて)日本の特徴を改めて考えさせられる。

  • たてつづけに読んだ木村治美さんのエッセイ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

共立女子大学名誉教授、エッセイスト

「2017年 『あしたも快晴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村治美の作品

ツイートする
×