天空の舟―小説・伊尹伝〈下〉 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (36)
  • (36)
  • (64)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 389
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167259037

作品紹介・あらすじ

夏王桀に妹嬉をささげることで有〓@61F4氏の危機を救った伊尹は、桀のライバルとして台頭してきた商の湯王から三顧の礼を受け、湯王の臣となる。伊尹の狙いは夏と商の和親だったが、時代の流れはこれを許さず、ついに夏と商は激突し夏王朝は滅亡する。湯王は商王朝を開くが、伊尹の仕事はまだ終りではなかった。新田次郎文学賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古代中国の革命を描く中で、夏王朝の滅亡を桀王ひとりの暴虐に帰すのではなく、体制の限界と見ているのが合理的で、湯王を単なる聖王とも、桀王を単なる悪王ともしていない点に読み応えがある(宮城谷版『三国志』での後漢の衰亡もそのように描かれていたように思う)。
    しかし合理一辺倒ではなく、あくまで古代は古代であり、呪術が生きている遠い時代としても書くところに、物語の奥深さと伸びやかさがあった。

    主人公・伊尹は、史書において「阿衡」(「はかりのごとき人」)と称賛され、政治における絶妙な平衡感覚をもったひととされるけれど、この小説そのものも虚と実のバランス感覚が卓絶した作品であるのだろうと感じた。

  • 978-4-16-725903-7 404p 2013・7・5 28刷

  • 約3500年の前の話なのに、とても近い過去の話に思えるところも作者の筆力か。

  • 各登場人物の描写が足りないと思う。特に、伊尹が湯王を助けることとなる経緯がスッキリしない。史実にはあまり出てこないからかも知れないが、小説なのだからうまく作り込んで欲しかった。

  • 自作農の主人公がスカウトされて、勤務先で活躍していく話。現代風に言うと。
    そう書くと途端に面白くなさそうに見えるのはなぜだろう。

    大きなことは、一人ではできない。組織に属する必要がある。
    が、組織に属した途端、多くの人は組織の価値観に染め上げられる。
    そうした状況の中で、いかに素志を貫徹できるか。
    際立った組織人というものに感じる魅力というのは、その一点に限られるんじゃなかろうか。

    主人公は組織(商)に属してしまったことで、その清冽さを失った。
    けれど、組織の中で彼の持つ理想を実現しようとし、かつ実行したという点で、その生き様には際立ったものがある。
    なんだけど、そうなると所謂「普通の歴史小説」って枠になっちゃうんだよねえ。
    いやまあ素材的にそうならざるをえないんだけど、上巻の清々しさが強烈な印象だっただけに。

  • 「幸せとは、喜びだけからくるものではありません。人民が苦しんでいるとき、ともに苦しむことのできることが、すなわち真の幸せなのです。この、ともに、ということができる王こそ、至福者であり、最高の王というべきでありましょう」

  • わずかな史料から古代中国を鮮やかに描き出した。伊尹という宰相を描きながら人間の誠実さを問う。

  • 商王朝立役者の伊尹のお話。
    奇跡の人である主人公がステップアップして出世してくのが爽快。
    …なのに不遇でもあるため全体的にトーンが暗いのもにおってくるのがまたまたいい。

    宮城谷さんはどれもこれも歴史書を読んでるみたいな気にさせてくれるから好き。

  • 0603

    人の一生には限りがあるんやなって思った。

  • 商王朝の名宰相伊尹の生涯。宮城谷さんのは主役が脇に食われることも多いけど、これはそうでもなかったので一安心。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ)
1945年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。1991年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞、1994年『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年『楽毅』で司馬遼太郎賞、2001年『子産』で吉川英治文学賞、2004年菊池寛賞をそれぞれ受賞。同年『宮城谷昌光全集』全21巻(文藝春秋)が完結した。
2006年、紫綬褒章受章。2016年、第57回毎日芸術賞受賞、及び旭日小綬章受章。他の著書に『奇貨居くべし』『三国志』『呉越春秋 湖底の城』など多数。また『風は山河より』など日本の歴史に題材をとった作品もある。

天空の舟―小説・伊尹伝〈下〉 (文春文庫)のその他の作品

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮城谷 昌光
有効な右矢印 無効な右矢印

天空の舟―小説・伊尹伝〈下〉 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする