北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫)

著者 : 萩原遼
  • 文藝春秋 (2001年5月発売)
3.55
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167260064

北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014.11.18 読了

  • [暗闘に消えた友情]戦後間もない頃、共産主義運動に青春を傾けながら友情を分かち合った著者とその友人の尹。北朝鮮への帰国事業に参加した後、音沙汰が途絶えてしまった2人の関係であったが、「赤旗」の平壌特派員として北朝鮮に送り込まれた著者は、ある人物から「尹が今ここにいるから来ないか」との誘いを受け......。満場一致で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した渾身の作品です。著者は、本書の執筆中も身の安全への不安から震えにたびたび襲われたという萩原遼。


    自らの人生路をたどりながら帰国事業の真相、体制が糊塗しようとしたもの、平壌における生活の一端などを明らかにしていくのですが、若き頃から朝鮮が身近であった著者だからこそ書ける臨場感に満ち溢れていました。また、友人を死地に追いやってしまったかもしれないという懺悔にも似た思いから溢れる切迫感も著者の筆からひしひしと伝わり、北朝鮮の底深き一点を著者と共に覗かせてもらったように思います。


    本書の白眉は北朝鮮への帰国事業の内幕を、公文書などを用いながら徹底的に暴ききったところ。「地上の楽園」と北朝鮮を喧伝しつつ、迎える側も送る側もその虚偽を知りながら、いわば独善と少数のための影響力確保の観点から進められたこの事業の恐ろしさ(そしてこんなことを許したというやり切れなさ)を改めて知ることができました。戦後初期の日・朝鮮関係に特に顕著に見られる、国家単位の関係までには表立ってこないどろどろした感じを体感できたところも有意義でした。

    〜お人好しもまた罪悪である。〜

    いろいろと目を開かせてくれました☆5つ

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(佐藤優選)157
    国家・政治・社会

  • 当時の北朝鮮の状態について知ることができるが、いかんせん登場人物多すぎ話広がりすぎで、途中で読むのが苦痛になった。
    自分の家庭環境と共産主義と北朝鮮と…
    同じ話題が何度も出てくるし、もうちょっと絞ってくれればいいのに。
    元赤旗記者というけど…

  • 4167260069  433p 2001・5・10 1刷

  • 大分前に購入した本です。部屋に積んでおいたら父がこの本読みたくて探していたんだ、と持って行きました。そう言えば読んでなかったなあ、と父の部屋から取り返してきました。

    重い話です。在日の方が帰国運動で北朝鮮に帰ったのは1960年からとありますから自分が生まれる大分前の話です。なんとも辛い話です。でも実際にかの国で生きていかなければならない人達にはいかほどの辛苦があるのだろうか。想像するに余りあります。
    お隣の国なのに済州島の4・3事件の事も初めて知りましたし、朝鮮戦争の事もほとんど知らない事に不勉強だなあと恥ずかしく思いました。もう少し日本史とアジアの歴史を調べよう。
    韓徳ス(漢字が出てこなかった)が熱海に居たとあり祖父を思い出しました。そういう時代に祖父は生きていたんだなあ

  • 2007年72冊目

全7件中 1 - 7件を表示

北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫)のその他の作品

萩原遼の作品

北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする