疵(きず)―花形敬とその時代 (文春文庫)

著者 : 本田靖春
  • 文藝春秋 (1987年4月発売)
3.25
  • (2)
  • (2)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167263041

疵(きず)―花形敬とその時代 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦後の混沌の中、花形敬という男がいた。

  • ステゴロ--素手による喧嘩という己の喧嘩哲学を貫き通して戦後の混乱期を駆け抜けた花形敬という男の生涯を描いたノンフィクション。
    安藤組大幹部としての評伝としては弱い、というネット書評がありましたが個人的には副題に[花形敬とその時代]とあるとおり180°価値基準が変わった時代に生きた人々の空気感を感じられるという意味で良書と判断しました。
    特に終戦後の無秩序状態の中での警察--愚連隊・侠客--三国人集団の関係性などは現代にも通じる問題の端緒を知る上で必読と言えます。

全2件中 1 - 2件を表示

疵(きず)―花形敬とその時代 (文春文庫)のその他の作品

本田靖春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

疵(きず)―花形敬とその時代 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする