賭博と国家と男と女 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.41
  • (5)
  • (14)
  • (30)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 144
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167270032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりに同著者の本をさくっと読破。
    人類の進化に関し、独特かつ興味深い説明で解き明かそうとする。なるほど!と思わせるロジックが満載ではあるが、残念なことにそれらを実証することは難しい。

    P.26(アダム・スミス)
    スミスは次に、ならばなぜ神を我々に、かくも強い利己心をお与えになったのだろうかと考えた。神のし給うこおとだ、きっと何か深い理由があるに違いない、とこの時代の人らしく律儀に考えたのである。結局彼が到達した結論は、何とも逆説的、しかし現代の動物行動学者にしてみれば一瞬ドキリとさせられる、見事に革新をついたものである。スミスによれば、人間の協調には利己心こそが重要であり、神は一人一人のり子心が余すところなく発揮されることを望んでおられる。そのことが人間と社会とを幸福に導く唯一の道である、ということになるのである。

    P.53
    つきあいの長さがいかに人の行動に影響を及ぼすかということは、田舎の人の方が都会の人より相互協力的であること、学生街の定食屋が良心的な値段で営業しているのに、観光地の食堂がほとんど詐欺のような商売をしていること(すべてそうだとは言っていません)、農耕民(土地に縛られて生きている)に比べ、遊牧民の方が好戦的で激烈な戦争をしがちなこと、等々の例からも明らかだ。こういう現象は、遺伝、環境の両面から現れてくるものなのだろう。

    P.79(野外のコオロギについて)
    ある押すが実力の伯仲する相手と戦って惨敗してしまったとしよう。(中略)そういう場合はどうすべきか。休むに限る。彼は休もうという意識を持つわけではないが、ただ、なぜかしばらく戦う気力が失せてしまうのだ。ライバルに対する恐怖心も依然頭をもたげてくる。そこで彼は草陰などにじっと隠れている。これが結果的に彼を回復させることになるのである。(中略)
    気が弱くなることや自信喪失、ライバルを恐れるという心を我々は良くないことのように考えてしまうが、そうではない。野外で無事に生き抜くためには、むやみに気が強いことはむしろ都合が悪いのである。

    P.111
    人間も生物の一種であり、利己的遺伝子の乗り物である。利己的遺伝子の願いはただひたすらコピーを増やすことだ。そのために大切なことは、まず乗り物の生存、次に繁殖である。(それ以外のことは、普通それらの副産物でしかありえない。たとえば乗り物が国家の指導者になるなどとは遺伝子は毛頭考えていないだろう。)

    P.171
    J・P・ジョネスという研究家によると、賭博の歴史は火の使用と同じくらいに古いそうだ。彼によれば、原始の人々は経験ではわからないことに直面したとき、たとえば、どちらの方向へ行けば獲物に出会えるかというときなど、石や棒を投げて決めた。それが長じて賭けになったのだという。

  • 利己的な遺伝子を参照し賭博好きのカモ人種を支配する胴元人種がおり彼らは学問に夢中になり賭博にハマらないように出来ているという。なかなか面白い仮説。

  • 社会体制が違っても、時代が違っても、
    普遍的に賭博が存在してきたことをあげつつ、
    それが利己的遺伝子のなせる業だ、といわれると、
    思わず「へえ~」とうなずいてしまいます。
    軽く読めて面白いです。
    20141031

  • 竹内さんのことは、私が好きな日高敏隆さんの生徒さんとして知ったので、興味ありました。
    理系のかたのお話は面白いですね。

    クマノミは一夫一妻で、愛妻家(←私に言わせると。彼女はかかあ天下と呼ぶ)と知って、ますます「生まれ変わったらカクレクマノミになろう」と決意を固めました。

    私は頭良くないけど、「賭博のカモにはならない」「何の役にもたたない、金儲けになんか絶対ならない学問に夢中になる」そっちのタイプだと思いました。

    「しっぺ返し」説はとてもためになりました。裏切られたら直ちに裏切り返すが、お返しは一発だけ、そしてまたすぐ仲直りを提案するのがいい、というもの。

    しかし、いくつかの竹内さんの導き出した理論に、不快になりました。
    君主制、階級制、そして一夫多妻を推奨していることです!
    ここで彼女に対して悪意をいだきはじめました。

    なんでも昨年小保方さんが叩かれ始めたときに、竹内さんが表舞台に登場して、「女性の研究者が論文を発表して注目を集めると、男性研究者からの嫉妬や嫌がらせがあるというのはよくある話です。私の友人の女性研究者も『ネイチャー』誌に単独名で論文が掲載され、周囲からの嫉妬などで精神的に参ってしまったことがありました」と言っています。

    「一夫多妻」を薦めて、彼女は男性に媚びているのではないか?(100%私の偏見)

    そう思ったら、竹内さんが日高敏隆さんと親しそうに書かれている部分が不愉快。
    「わが日高敏隆氏」とか言っちゃって、何?!
    工藤静香がトーク番組でキムタクのことを得意気に話していたときの不快さが蘇りました。
    私の遺伝子は相当嫉妬深いようです。

  • 「賭博と国家と男と女」5

    著者 竹内久美子
    出版 文藝春秋

    p51より引用
    “しかしながらこういう点の取り方が、実はこれ以上の方法はな
    いと言えるほど完璧なものだったのである。”

     動物行動学者である著者による、人間を人間たらしめた進化の
    原動力について考察した一冊。
     アダム・スミスの考えについてから学問というものについてま
    で、有名な学者の学説を元に著者自身の理論を展開させて書かれ
    ています。

     上記の引用は、反復囚人のジレンマゲームのコンピュータープ
    ログラム選手権大会における、とある単純明快な戦略についての
    一文。付き合いが長くなるのであれば、その相手と上手くやって
    行こうとすることが大切なようです。
     著者の説が正しいかどうかはともかく、読み物として大変楽し
    く面白く読める一冊です。

    ーーーーー

  • 指導者は好色。

  • 本書によると、私たち人間も含めて動物の個体は、種の保存(繁栄)を目的に生きているわけではないという。自分の遺伝子のコピーが最大限に増えるように行動するのだという。動物行動学を研究したのち著述家になった筆者は、この利己的遺伝子説に基づいて個人、社会、国家の振る舞いを小気味よく解説してみせる。話の展開がやや強引に感じる個所もあるものの、タイトルからも推測できる通り、酒を飲みながら読める気楽な内容の本である。

  • 相変わらず面白い切り口だ

  • 904夜

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

竹内久美子
1956年愛知県生まれ。京都大学理学部を卒業後、同大学院に進み、博士課程を経て著述業に。専攻は動物行動学。著書に『そんなバカな! 遺伝子と神について』『シンメトリーな男』(ともに文藝春秋刊)、『女は男の指を見る』(新潮社刊)、『ウソばっかり! 人間と遺伝子の本当の話』(小社刊)、『女はよい匂いのする男を選ぶ! なぜ』(ワック刊)など。

「2022年 『66歳、動物行動学研究家。ようやく「自分」という動物のことがわかってきた。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内久美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部みゆき
三島由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×