シャイニング (上) (文春文庫) (文春文庫 275-58)

  • 文藝春秋
3.77
  • (93)
  • (91)
  • (140)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 776
感想 : 78
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167275587

作品紹介・あらすじ

《景観荘》ホテルはコロラド山中にあり、世界で最も美しいたたずまいをもつリゾート・ホテルのひとつだが、冬季には零下25度の酷寒と積雪に閉ざされ、外界から完全に隔離される。そのホテルに一冬の管理人として住みこんだ、作家とその妻と5歳の少年。が、そこには、ひそかに爪をとぐ何かがいて、そのときを待ち受けるのだ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画の大ファンでいつか原作も読んでみたいと思っていました

    トランス一家それぞれの気持ちが事細かに記されていて、映画の隙間を補完してくれているような感じでした

    原作を先に読んでいたら、ちょっと難解な部分もあったかも。

    地味にスズメバチのくだりが1番痛くて怖かった

  • 古い本の文体のせいか、すごく読みづらくて頭に入らず。
    後半に期待。
    ただ映画より細かい出来事、心情等が描かれているのでより理解しやすい(はず)。

  • 流石!一級品!!訳者が巧いのかキングの筆なのか、原作を読めない私には分からないが、素晴らしい作品は文章が自然と頭に入って来る。読んでも気が散らず、どんどん引き込まれる。平易な文章が逆に戦慄や緊迫感を奏でてくれる。
    飽きが来ず、頁を捲る手が止まらない。
    スタンリー・キューブリック、ジャック・ニコルソンのシャイニングも凄かったけど、原作は、まったく別の恐怖が味わえる。下巻も楽しみだ。

  •  冬の間、雪のため外部との連絡がシャットアウトされるホテルで管理人をすることとなった一家を描くホラー小説。

     やっぱりキングだけあって前フリが長い(苦笑)。ホラー的な描写は上巻の最後でようやく表れる程度で、管理人一家の内面や生活を描くことが上巻の主な目的のようです。

     一家の大黒柱であるジャックは元アルコール依存症で、教師の仕事も学校で問題を起こしたため首となり、そのうえ息子のダニーに暴力を加え腕を折ってしまった、という過去があります。
     ダニーは父になついているのですが、そうした経歴のため妻のウエンディとの仲は表面上穏やかなのですが、そこには危うい雰囲気が立ち込めているように思われます。

     ジャック自身それを分かっていていい父親で夫であろうとしているのですが、ところどころでアルコールの誘惑や現在の境遇への不満、持っていた癇癪がところどころで見え隠れし、上巻は空気がパンパンに詰まった風船を持ってしまったような緊張感をどこかに感じながら読み終えました。

     この風船が派手に破裂するのか期待しながら下巻に進もうと思います。

  • 映画を先に見ました。
    映像もすさまじく怖くてホラーの傑作と思いますが、原作では映画では良くわからなかった少年と父親の愛情がきめ細やかに描かれていて、これまた感動的です。
    特別な能力を持っていながら、幼さゆえにその力をまだ理解できないでいる少年の内面もすごくよく書けていて面白かった。
    母が子供を守ろうとする強さも圧巻でした。

  • スタンドバイミー以外のスティーブンキングを読むのは初めて。
    気味悪く暗い予感のホテル。酒癖が悪く自尊心を持つジャック、母親への鬱屈した思いのウェンディ、多感で聡い5歳のダニー、それぞれが互いへの配慮で抜け出せなくなり真冬のホテルで過ごす。ホラーはどうやってモンスターを出すのかと思ったけど、鋭敏な神経を狂わせて少しづつ家族が追い詰められていく。スズメバチ、217号室、児童遊園の動物の生垣、消火器、エレベーター、だんだんホテルが歪んだ顔を見せてきた。後半に続く。

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB00034595

  • 感想は下巻に。

  •  スティーブン・キングを読み始めたものの多作でもありどこから手をつけていいやら。ホラーは苦手なのだが世評の高そうなやつということでここいらに落ち着いた。さすがの出来と感心した。雪の山荘ものというミステリがあるが、孤絶したホテルの冬季管理人家族が、ホテルに巣くう亡霊に誘われて壊れてゆく。じわじわとこわい。ダメ男ジャックにひきかえ表題になっている「かがやき」というテレパシー能力をもつ少年ダニーの健気さがよく書けていてつい感情移入してしまう。そのダニーの危機を救おうとハローランが駆けつけるクライマックスは圧巻。結末のつけかたもうまい。

  • 面白かった

全78件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×