滝田ゆう落語劇場 〔第1輯〕 (文春文庫 (302‐1))

著者 :
  • 文藝春秋
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167302016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ※全2輯セット

  • 裏表紙
    下町情話、人情の機微を描けば当代随一の人気絵師・滝田ゆうが、落語の名作・ケッ作を劇画にしてご覧に供します。高座にかけます演目はと申しますと、おなじみの「王子の狐」「富久」「湯屋番」「素人鰻」「反魂香」「味噌倉」などしめて十六番。“見る落語”よろしくお引き立てのほど隅から隅まで~。
    演目解説・矢野誠一

  • 子どもの頃にテレビに出ていた滝田ゆうさんを見て、その粋な着流しのスタイルが印象的だった。滝田さんのまんがは、あのふきだしに少し描かれるやかんだとか、あと滝田さん自身の履く下駄の音のような、のんびりとした時間が流れている。滝田さんの描く落語もいい、野坂昭如さんなどの小説をまんがにしたのもいい味でてます。

  • 落語の漫画です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

マンガ家・エッセイスト。1931-1990 著作に『寺島町綺譚』『泥鰌庵閑話』『滝田ゆう落語劇場』など。文藝春秋漫画賞、日本漫画家協会賞大賞、勲四等瑞宝章。

「2016年 『怨歌劇場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

滝田ゆうの作品

ツイートする
×