コールド・ファイア〈上〉 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.49
  • (7)
  • (12)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 134
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167309664

作品紹介・あらすじ

どこからともなく現われ、あわやの瞬間に人命を救い、ジムとのみ名乗って消えた男。驚くほど青い眼をした男。目撃した女性記者ホリーが調べると、"寄跡の救出劇"は頻々と全米各州にわたって行なわれている。男はどうやって危難を予知するのか?何が男をそうさせるのか?職業意識を超えてホリーは男の謎に魅かれてゆく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 当初スティーヴン・キング『デッド・ゾーン』を思わせつつ、SF的な展開を見せ、明るく終わるという意外さ。自分だったら結末は別のパターンを選ぶ気がします。
    解説は宮部みゆき氏。

  • 面白い。ウォッチャーズにはさすがにかなわないが。しかし、前半のテンポの良さには感服。

  • 今回の導入部はかつてのクーンツ作品の中でも群を抜く素晴らしさだろう。
    「命綱(ライフライン)」というキーワードが頭に捻出されると自らの意志とは別の意志が働いて、どんな方法をとってでもそこに失われる命があるならば駆けつけ、救出する男、こんな設定、見たことがない。これが非常に魅力的で一気に物語世界に没入させられた。
    上巻はその救出劇のオンパレードでもう巻措く能わずといった状態。しかし、上巻の最後の航空機墜落のエピソードから少し勝手が変わってくる。主人公ジムが想定していた人物以上の救出が可能とされたからだ。ここから下巻に至るわけだが、下巻はそもそも何故ジムがこのような特殊能力及び特殊な使命を帯びるに至ったかを探る云わば自分探しがメインであり、上巻であれだけ魅せられたスーパーマンのような救出劇が全く出なくなる。
    (下巻の感想に続く)

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    どこからともなく現われ、あわやの瞬間に人命を救い、ジムとのみ名乗って消えた男。驚くほど青い眼をした男。目撃した女性記者ホリーが調べると、“寄跡の救出劇”は頻々と全米各州にわたって行なわれている。男はどうやって危難を予知するのか?何が男をそうさせるのか?職業意識を超えてホリーは男の謎に魅かれてゆく。

  • 08mmdd読了

全5件中 1 - 5件を表示

ディーン・R.クーンツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ディーン クーン...
ディーン・R. ...
ディーン・クーン...
ディーン・R. ...
ディーン・R. ...
ディーン・R・ク...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×