蕨野行 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.29
  • (25)
  • (18)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 114
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167318031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 庄屋の家に後妻として嫁ぎ、お姑さんに暖かく家のあれこれ教わりながら暮らすヌイが、お姑さんに何か秘することがあると感じ、それを尋ねるところから、二人の問答が始まる。

    この問答が、お姑よい。ヌイよい。との呼び掛けで始まり、古語のような方言のような柔らかい言葉でつづられる。そして、その村では60歳になると、家を出て蕨野という丘で、乞食のような集団生活を送るという掟があり、お姑はそれに従うことになると明かされて後、その蕨の衆として生きるようになってからも、延々と、二人のやり取りは続く。それは、離れている二人の心が共鳴してお互いを呼ぶというようなもので、巻末の解説には、「行間から琵琶に似た音の遠間に流れてくる」、「相聞」とも書かれている。苦境で何かを思う時、魂は不思議とリズムを刻むものかも知れない。

    これも、巻末に書かれていることだが、いわゆる姨捨の話ではない。飢饉の時には、子を間引き、口減らしのため、嫁を家から出すことも語られる。そんな嫁たちが棄民として彷徨っていても、施しをすれば、村が飢えてしまうとして、捨て置くよう言われる。人肉を食べることを戒める話が語られる。

    また、庄屋の家だからといって、蕨野行きや口減らしを免れることになれば、その不満から村が収まらず、庄屋の立場だからこそ、自ら掟を守らないとならないということにも触れられる。一方、嫁家から出された女たちが、人里離れた場所で野人として、生き抜く姿も描かれる。

    そう書くと、苦しい物語のように見えてしまうが、実は、逆に、野に繋がった生が、びっくりするほど、おおらかで強いさまが心に染みてくる。

    人は、天からの恵みの内、群れて生き、その恵みが限られる以上、その理の中で生きる他ないのだろう。その理に善も悪もなく、ただ、命があるだけなのかも知れない。

    巻末の解説も含めて、滋味に富んだ、豊かな、哀しい物語でした。

  • 独特の表現で初めは驚いたが、お姑よい、ヌイよい、と呼びかけあう会話にだんだんと引き込まれる。
    押伏村では60歳になると、村から離れたワラビ野(いわゆる姥捨て山)へ行かなければならない。
    ワラビ野衆となったお姑よい達の、死へと向かうはずの生活が凄まじいのだが、滑稽な明るさもあり逆に生命力を感じる。
    非常に心に残る作品です。

  • 六十を過ぎた者は里を離れ野に建つ小屋に寝起きし、毎日里を訪れて仕事を貰い日々の糧を得るという暮らしに身をやつす。そうして老い衰えた者をふるいにかけ、豊かならぬ里は新陳代謝を図っていく。
    長雨続きの不作で、生まれた赤子は濡紙を口に当てられ、若い嫁は嫁ぎ先に暇を出され生家にも入れて貰えず行き処を失う。過酷な暮らしで弱り果てていく老身。
    憐れで惻々とした物語でありながら、姑レンと年若い嫁ヌイの間で交わされる語りかけに込められた慈愛と思慕の情が作品を優しさと温かみで縁取り、最後には一握りの安らぎと救いとがもたらされてもいる。

  • お姑(ばば)よい
    ヌイよい
    二人の語らいに
    恍惚となりながら
    読み進めたる

    物語でありつつも
    我にとって二人は
    確かに存在した人生だと
    感じつろう
    押伏(おしぶせ)に生きた者らと比べ
    我が人生がいかに
    恵まれておったことか
    であるのにひ弱なものと
    なった我の半生を
    恥ずかしく思うて今後は
    二人のよに強く生きんと
    考えたるよい
    親兄妹、家族の為に
    命燃やしたいと
    願うばかりなり

    そして
    絶望と希望と感動に
    満たされながら
    読み終えたこの物語を
    この神々しい文学を
    いつまでも愛しく感じ
    生きて行きたいと思うなりよ




    (※文体は正確さを保証されていません
    素人の書くブログです
    ご了承ください)

  • 生まれて、死へと向かう道行。
    それは同時に死から生に向かう旅。

    じじとばばの最後の灯火。
    手の暖かさが命の強さ。
    そして、ふと心に行き消える。
    なぜ女が家を出るのか?

  • 生きることと死ぬこと、少し丁寧に見つめる機会をくれる本。

  • サバイバル姥捨小説。

    初めて読むような文体に戸惑った。何しろ物語は最初から最後まで、お姑と嫁・ヌイの方言のような古文の文体の会話で展開されるのだ。始めは読むのが苦痛なのだが、慣れて来ると面白くなる。

    押伏村に伝わる六十歳を迎えた老人は蕨野に棄てられるという哀しい掟。蕨野に棄てられた老人たちは、厳しい自然を相手にサバイバルを続ける…

  • 嫁と姑の関係に希望があるところがいい。
    年を取ってもコミュニティから排除されても、生きる意欲や恋をする気力があるところがいい。
    何より、厳しい土地厳しい状況の中でそれでも生きようとする人々の姿が美しい。

    余談だが、ワラビたちは「寒の夏」でさえなければ、秋になって収穫を迎えたときに再び村に帰ることができたんだろうか。できたんだろうな。できたと信じたい。

  • 方言なのか古い言葉なのか分からんけど、こんだけ何が書いてるのか分からんのに世界に引き込まれた作品は初めてやと思う。 読み辛かったし雰囲気で読んだ部分も多いから全てを理解したとは言い難いけど好き。 方言(?)を読むのに最初の数行で挫けたけど無理にでも最後まで読んで良かった。

  • 2013/8/5

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田喜代子(むらた きよこ)
1945年福岡県生まれ。1987年「鍋の中」で芥川賞、1990年『白い山』で女流文学賞、1997年『蟹女』で紫式部文学賞、1998年「望潮」で川端康成文学賞、1999年『龍秘御天歌』で芸術選奨文部大臣賞、2010年『故郷のわが家』で野間文芸賞、2014年『ゆうじょこう』で読売文学賞、2019年『飛族』で谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。2007年紫綬褒章、2016年旭日小綬章受章。

村田喜代子の作品

蕨野行 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×