トンカチからの伝言 (文春文庫)

著者 : 椎名誠
  • 文藝春秋 (2011年5月10日発売)
3.18
  • (1)
  • (4)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167334321

トンカチからの伝言 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅エッセイが多いが、創作もあり。
    相変わらずの椎名節。

  • 「ショーシャンクの空に」を観た後に読了。トンカチの奥深さが、本書でなくアメリカ映画から感じたところではある。しかし、シーナ氏は相変わらず憧れの暮らしである。その憧れの暮らしを、赤マントシリーズで読むことで、少しだけど実感できたとき(^^)幸せを感じる。

  • いつ読んでも力が抜ける椎名さんのエッセイ。
    年をとっても仲間と野宿しちゃったりキツイ場所にも行って、
    人生を力強く楽しんでる感じがします。

  • いつも通り楽しく読むことができた。さすがの椎名さんももう若くはないなと感じるところもちらほらあるけれど、アクティブさは相変わらずでうれしい。ただ、この作品で多用されている対話形式の書き方がどうもしっくりこない... (と思っていたら、同じような感想をもった人がいたとのことで、あとがきで触れられていた)。まあ軽いコラムなのだし、それもまたよし、か。

  • 5年前の赤マント。

    今回は辺境秘境シリーズが少ないので割と楽しめた。赤マントエッセイを通して,自分以外の日常を楽しんでいるのだと気づいた。

    赤マントのような多忙な日常を送ってみたいような,みたくないような。送ってみたいと思える体力が今は欲しい。

全6件中 1 - 6件を表示

トンカチからの伝言 (文春文庫)のその他の作品

トンカチからの伝言 単行本 トンカチからの伝言 椎名誠

椎名誠の作品

トンカチからの伝言 (文春文庫)に関連する談話室の質問

トンカチからの伝言 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする