凡宰伝 (文春文庫)

著者 : 佐野真一
  • 文藝春秋 (2003年6月発売)
3.47
  • (3)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167340056

凡宰伝 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018/02/16 読了

  • 妙な本だった。
    著者のオナニーのようで、結局そう言えばいたあんな人のことを時間使って読んでしまったなーという。

  • 本書は冷めたピザ、真空総理と呼ばれた小渕首相の評伝である。地味なイメージであるが読むとその人生に圧倒される。本書で残念なのは、政権の政策分析に踏み込んでいない事である。本書の書かれた時期を考えるとやむを得ないのかも知れないが、いずれは歴史として論じる書が出ても良いと思う。

  • 田中真紀子氏に凡人と呼ばれた小渕元首相の生涯を記した本。父である小渕光平氏の代から、選挙に毎回苦労してきた様がリアルに書かれている。一番印象深いのは、自由党の連立離脱に関する部分。小沢一郎氏との最後の会談では、お互い結果が分かっているセレモニーということで、しみじみと昔話に花を咲かせていたみたい。その翌日に脳梗塞で意識を失い、そのまま帰らぬ人となったのは周知のとおりである。

  • 是非オススメしたい。非常に素晴らしい政策と理念を持った人物でした。感銘を受けました。

  • 当時は酷評されていましたが、あれはメディアの作っただめなイメージだったんですね。きっと。

全6件中 1 - 6件を表示

凡宰伝 (文春文庫)のその他の作品

凡宰伝 (文春文庫) Kindle版 凡宰伝 (文春文庫) 佐野真一

佐野真一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

凡宰伝 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする