辻音楽師の唄―もう一つの太宰治伝 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167350055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 太宰治の幼少期から作家デビュー、麻薬中毒、そして聖書との出会いまで。
    後半は小説というよりも、ドキュメンタリー調で、当時の関係者の証言を検証しながら太宰の心に迫る。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

長部日出雄(おさべ ひでお)
1934年9月3日 - 2018年10月18日
青森県弘前市出身の小説家、評論家。故郷である津軽についての小説、エッセイを多数刊行。
早稲田大学文学部哲学科中退。1957年『週刊読売』記者に。その後退職し、雑誌『映画評論』編集者、映画評論家・ルポライターを経て、作家になる。
1973年『津軽じょんから節』『津軽世去れ節』で第69回直木賞、1979年『鬼が来た-棟方志功伝』で第30回芸術選奨文部大臣賞、1986年『見知らぬ戦場』で第6回新田次郎文学賞をそれぞれ受賞。2002年『桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝』により第29回大佛次郎賞・第15回和辻哲郎文化賞を受賞。紫綬褒章受章。
それ以外の代表作に『天皇はどこから来たか』『「古事記」の真実』など。2018年10月18日、虚血性心不全のため死去。

長部日出雄の作品

ツイートする
×