「悪魔祓い」の戦後史―進歩的文化人の言論と責任 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.57
  • (7)
  • (6)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 98
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (564ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167365042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 労作である。単行本は上下二段、文庫本は550ページのボリュームだ。進歩的文化人を真正面から批判した嚆矢(こうし)といってよいだろう。文章は冷静かつ緻密で淡々と事実を記している。安易な批判を寄せ付けない気風が滲んでいる。
    https://sessendo.blogspot.com/2019/09/blog-post_84.html

  • 太平洋戦争後、戦中の軍部支持の贖罪とするかのように共産主義を礼賛した知識人たち。果たして彼らの意図はどこにあったのか?
    共産主義国家の衰退が目に見え始めたとき、その綻びから見える彼らの意図を解き明かす論文。

  • 右より時代に読んだ時は非常に感銘を受けたが、今再読すると一体どのような感想を抱くであろうか?

  • 進歩的な人とは馬鹿な人 by安岡正篤

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2015年 『「悪魔祓い」の戦後史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲垣武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×