その細き道 (文春文庫 (373‐1))

著者 :
  • 文藝春秋
3.70
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167373016

作品紹介・あらすじ

友情や信頼、無償無私の行為……人を深く揺り動かす人間の美質を青春の試練の中、ひたむきに生きる若者の恋愛を通して描く青春文学の佳篇。表題作の他「遠すぎる友」「追い風」。(饗庭孝男)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新宿区坂町の雰囲気が好きで、舞台だというので購入/ 面白い、と評するような作品じゃないと思うが、若い時代のもやもやが良く書けている/ 短編集だがメインは表題で、なんとも言えない三角関係のつらさが良く書かれている/ また田舎から出てきたかわいい子が身体を許してしまうくだりは非常に良い/ ただ坂町の良さはまったくなかった/ 舞台というだけ/

  • 一人の女性を廻る二人の男性の物語。男女の行き違いって、言葉に出来ないふとした瞬間なんだと感じさせられた作品。最近、古本屋さんで見つけて読み直した。

  • 司法試験を目指す対照的な二人の男性と上京したての女の子。3人の関係の微妙なバランスと心の葛藤。青春のほろ苦い感じがとても好感のもてる作品です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

高樹のぶ子(たかぎ のぶこ)
1946年山口県防府市生まれ。東京女子大学短期大学部教育学科卒業後、出版社勤務を経て、1980年「その細き道」を「文學界」に発表。1984年「光抱く友よ」で芥川賞、1994年『蔦燃』で島清恋愛文学賞、1995年『水脈』で女流文学賞、1999年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年「トモスイ」で川端康成文学賞を受賞。2009年紫綬褒章、2018年文化勲章をそれぞれ受章。他の著書に『マイマイ新子』『甘苦上海』『飛水』『マルセル』『香夜』『少女霊異記』など多数。

その細き道 (文春文庫 (373‐1))のその他の作品

その細き道の詳細を見る 単行本 その細き道 高樹のぶ子

高樹のぶ子の作品

ツイートする