演歌の虫 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167400033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 男女間の駆け引きとしがらみを描いた短編4つ。思っていたのとは違い、なかなか重みのある作品群。

    表題作は、仕事の腐れ縁というか同朋による、仕事の楽しさと苦しさを描く。演歌歌手のディレクター(プロデューサーか?)、作詞家、作曲家が業界の不満と3人でそれを打破する夢を語り、心を通わせるが、実は温度差が有ったことが、室さんが亡くなったときにわかってくる…。

    あとの3作は、男女の関係が不倫やら二股で首が回らなくなっていく話。ショーモナイと言われればそうだけど、筆致の癖もあり、なかなか重くて読み応えがある。

    全体に、最後の「演歌の虫」ではないが、演歌(艶歌)の歌詞を読むような、不思議なねっとり絡みつくような文章が印象的。普通の文が会話だったり、その中に「そうね。」なんて文章になっていない単語が入ってきたりして、他の作家ならイライラするようなポイントが、この人の場合はいい感じのリズムになっている。

    初読だったのもあり、最近の作家かな?艶歌っていうのは、ハズシのネタかな?なんて錯覚して読み始めたものの、実際には昭和50年代だった。だったのだが、十分に今でも楽しめる話だ。

    未来に置いても、古典として残っていく価値の有る作品ではないかと思う。
    あとからわかったが、本人の体験(作詞家、銀座のママ、スポーツ記者)的なものが多く含まれている、私小説の部分が多いのだな。そう言われると重みのあるのも納得行く。

全1件中 1 - 1件を表示

山口洋子の作品

演歌の虫 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする