貞操問答 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.55
  • (9)
  • (19)
  • (31)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 138
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167410056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 元が新聞連載だったせいか、展開が早くておもしろい。ただ、登場人物のほとんどにイライラするのが逆に笑える。

  • 面白い。落ちぶれた三姉妹の真ん中が主役。姉には金を、妹には男をとられるお人よしの真ん中。もっと怒ってもいいんだよ、と言いたくなる。でも、世間知らずの姉と妹はどこか憎めない。新子報われないけど頑張れ。

  • 私自身真面目な気質かつ姉だからか、ひたすら三女がむかつく!とにかく三女!お前ちょっとはおとなしくできんのか!お姉さんも!と次女に感情移入しながら読みました。いらいらするけどおもしろかったです。観てはいないけど昼ドラにもなったみたいで、やっぱりかって感じ。内容より雰囲気を楽しむといいかもしれません。

  • 昼ドラこわ

  • 昭和9年7月から翌年2月にかけて新聞に連載された。買うのも思わずためらうすごいタイトルだが、恥を忍んで(何て言ったら作者に怒られる?)買う価値はある。「真珠夫人」の読後の興奮冷めやらぬまま読むとなお迫力がある。
    主人公の新子は、父の亡くなった後、奔放に生きる姉圭子と妹美和子、世間知らずの頼りない母という一家を支えるために家庭教師になる。そこで新子を待っていたのは…。
    姉と妹がこれでもかというくらい新子に迷惑をかけるのに、やっぱり消えない姉妹愛。昔の人(男性作家)はこういうの好きだなぁと見当違いのことで感心した。

  • 以前放送されていた昼ドラの原作。
    あまりに好きすぎて、ずっと原作探していたらようやくブックオフで感動の対面。

    知的で演劇馬鹿の姉・圭子、無邪気なベビーエロの妹・美和子、そんな姉妹の真ん中の新子は家庭を顧みない家族のためにけなげに1人、家庭教師として懸命に働く。
    家庭教師先の前川家の婦人は高飛車で高圧的、一方主人の前川氏は暖かく新子に好意的。
    次第に前川氏との距離が近くなるが婦人が気づかないわけもなく…、というお話。

    TBS昼ドラ班に拍手。
    菊池寛の世界観をそのままに、さらにおもしろい(深くではなく)世界へと進化させていました。
    ドラマとセットでの評価。
    とても大好きな一作です。

  • 斜陽族の主人公が一家を支えるためにお金持ちの家庭教師に行くんですが、そこのダンナさんと恋仲になってしまうと言うお話。「真珠婦人」とはまた違った貴族的・モダンな雰囲気です。

    とにかく姉と妹に振り回される主人公にイライラ・ハラハラ。読んでて疲れました。あと綾子夫人が素敵・・・こんなノーブル・いじわるばあさんになりたい。

    最後があっけないのが残念。綾子夫人の嫌がらせがもっと読みたかったー。

  • 3.5。女の感情をとてもわかってらっしゃる作者で、電車を乗り過ごすほど。精神的な陰翳のある末娘大活躍・大暗躍!ケルク フルールもまだ新しい時代。。。

  • 100805(m 101010)

  • なんだか娯楽のようにとらえてストーリーを追ってしまったけれど、当時の時代性を反映した内容。女性のタイプという観点で普遍的かも。主人公の姉妹にいらっとする場面あり、姉妹はいいよねとうるっとくる場面あり。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

菊池寛

一八八八年(明治二十一)香川県生まれ。本名・寛(ひろし)。第一高等学校を中退後、京都帝国大学英文科に入学。芥川龍之介、久米正雄らと第三次、第四次『新思潮』に参加。京大を卒業後、時事新報社に勤務するかたわら小説を発表、『無名作家の日記』『忠直卿行状記』『恩讐の彼方に』などで世評を得る。一九二〇年(大正九)に発表した『真珠夫人』が成功をおさめ、以後、約五十篇に及ぶ通俗小説を発表。その他の小説・戯曲に『父帰る』『藤十郎の恋』『蘭学事始』『入れ札』などがある。雑誌『文藝春秋』の創刊、文藝家協会の設立、芥川賞・直木賞の創設、映画事業への参画など、多方面に活躍した。一九四八年(昭和二十三)死去。

「2021年 『受難華』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池寛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島由紀夫
宮部みゆき
三島由紀夫
村上 春樹
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×