ヴェテラン (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.84
  • (6)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 49
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167414085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 西本聖、平野謙、石嶺和彦、牛島和彦、古屋英夫、高橋慶彦。
    個性豊かな六人のプロ野球選手は職人芸の心意気とプロとしての魂を持っていた。
    野球に人生を賭けた彼らを描いた感動のノンフィクション。


    本作で語られる選手たちにはいくつかの共通点がある。それは全員がトレード、またはFAなどで移籍を経験していること。
    そして、彼らのプロ野球人生には、まばゆいばかりのスポットライトが当てられた瞬間と、そしてその光のまばゆさを忘れさせるほどの闇の時代があったことだ。

    平野、牛島、高橋の三人は僕がかつて大ファンだったマリーンズ(オリオンズ)に在籍したことがある。
    特にヨシヒコは数多くの優秀な選手たちの中で、僕が最も好きなショートストップだ。
    その彼らにはずっといつまでも光の中にいて欲しかったが、彼らの融通の利かない武士のような性格がそれをさせなかった。
    もしも彼らがもう少し世渡りのうまい選手だったなら、彼らはもっともっと栄光の中にいられたのだろう。
    だが、もしそうであったなら、僕は彼らをこれっぽっちも好きにならなかっただろう、とも思う。

  • 人選がまずええよね。平野、牛島、古屋、慶彦、石嶺。アンチ巨人の割に江川好きとしては西本はそれほどなんだけど。
    とはいえ、西本の嫌われ方は泣ける。もちろん西本からの見方でしかない話ではあるけども。
    そしてやはり慶彦。裏表紙の内容紹介で「6人はスーパースターではなかったが」って書かれてるけど、慶彦の全盛期はスーパースターと呼んでいいような気はする。若き日の村上龍が小説に使うくらいやし。「慶彦が盗塁したら女の子がヤらせてくれる話」としか覚えてないけど。あれ、何で「走れヨシヒコ」やなくて「走れタカハシ」なんだろ?書いてあったかも知れんけど覚えてないな。それはさておき、カープの家族主義に入ることを是としない人間への冷たさであったり、けっこうシビアな話もあり、なかなかに読ませる。

  • 海老沢泰久さんの文のリズムが最高。そして、高橋慶彦は魅力あるなぁと思いました。山際淳司さんも題材にしていたし。

  • 抜群の面白さ。前線から退いて行くプロ野球ヴェテラン選手の心の揺れを簡潔に、妥協なく、海老沢泰久にしか出来ないやり方で描いている。

  • まだパワプロがない80年代、ファミスタでは石嶺や高橋慶彦がスターでした。自分で球場に行く前に引退した彼らがどんな選手だったか、この本でよくわかりました。
    スポーツのドキュメンタリーとして、談話とデータをきれいにまとめた良作です。

全5件中 1 - 5件を表示

海老沢泰久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
海老沢 泰久
海老沢 泰久
海老沢 泰久
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×