無用庵隠居修行 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.75
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167414153

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オール讀物2006年2月号:無用庵隠居修行、7月号:女の櫛、11月号:尾ける子、2007年3月号:聖天の藤兵衛、8月号:千両鷲、2008年8月号:会津からの客、12月号:松屋の銀煙管、2009年4月号:辻斬り、の8つの連作短編を2010年8月文春文庫から刊行。武家隠居の日向半兵衛をはじめとして、登場人物たちが、面白く、ストーリー展開も秀逸。これっきりの話となってしまったのは、残念。テレビドラマは、ダメダメでしたが小説の方は良くできた話です。このキャラクター達もこれで終わりなのは、とても残念です。

  • 以前から海老沢作品(とくに野球もの)のファンであった。

    御存命で創作活動を続けていたら、きっと良質な時代物シリーズの一つになっただろうに。
    なんとも残念。

  • 2009年に亡くなった筆者が死の直前まで制作していた作品。
    ラストの「辻斬り」に池波正太郎さんの絶筆と同様の暗さを感じるのは気のせいではないはず。
    聖天の藤兵衛や岡っ引きの文蔵、医師の道庵、弟の松平半兵衛などのキャラクター陣に加えて、奈津やお咲、半兵衛の娘たちなどが活躍するストーリーが筆者の頭の中では完成していたのかと思うと、筆者の死は本当に残念でならない。

  • 6

全4件中 1 - 4件を表示

海老沢泰久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×