血脈 (中) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.81
  • (17)
  • (15)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (684ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167450090

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分厚いですが、一気に読めます!

  • 2011/11/25

  • 上巻に記載

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4167450097
    ── 佐藤 愛子《血脈 (中)200501‥ 文春文庫》
     
    (20110118)

  • (上)から引き続き、兄弟、本人の事を赤裸々に書いて大丈夫かな?心配になった。

  • 佐藤愛子による、佐藤愛子の一族の話、「血脈」。

    シナとの間に二人の娘が生まれてからも、兄弟の悪戯の後始末をし続けなければならない紅緑。自身が流行作家になりつつあっても未だ仕送りを要求する長男ハチロー、口先ばかり達者になり弁は立つが大嘘つきの節、幼い頃に人に預けられ肉親の情を知らずに育った兄弟の中では1番真面目だが無気力の弥、同じく生まれてすぐから父と離れて育ちその場凌ぎは出来るが根気や目標が皆無の久。
    紅緑は自らの業や息子達の一生を怒り、その怒りや悲しみややる瀬なさを文字を連ねることで昇華していく。


    文中に何度となく紅緑の日記が挟まれてくる。
    結局、夫である紅緑に愛情を感じず、愛着と呼べるものも持てないシナが、老いていくに従って何かしらの感情を紅緑に持ち始めているのではと覗わせる箇所が切ない。
    老いた紅緑に、小説を書くのをお休みしてはどうですか、とシナが薦め、それに「うん」と頷く紅緑。地下鉄でこの箇所を読み、不覚にも涙をこぼすところであった。

  • 佐藤家の壮絶な歴史。益々壮絶を極め、目が離せない。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

佐藤 愛子(さとう あいこ)
1923(大正12)年、大阪に生まれる。甲南高女卒。
1969(昭和44)年、『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞、1979(昭和54)年、『幸福の絵』で第18回女流文学賞、2000(平成12)年、『血脈』で第48回菊池寛賞、2015(平成27)年、『晩鐘』で第25回紫式部文学賞を受賞。2017(平成29)年、旭日小綬章を授賞。ユーモアあふれる世相風刺と人生の哀歓を描く小説およびエッセイは多くの読者の心をつかむ。
著書に『九十歳。何がめでたい』(小学館)、『私の遺言』(新潮文庫)、『晩鐘』『血脈』『わが孫育て』『我が老後』シリーズ――『我が老後』『なんでこうなるの』『だからこうなるの』『そして、こうなった』『それからどうなる』『まだ生きている』(以上、文春文庫)、『ああ面白かったと言って死にたい――佐藤愛子の箴言集』『幸福とは何ぞや―佐藤愛子の箴言』『そもそもこの世を生きるとは―佐藤愛子の箴言集2』(以上、海竜社)ほか、著書多数。

「2019年 『ガムシャラ人間の心得』 で使われていた紹介文から引用しています。」

血脈 (中) (文春文庫)のその他の作品

血脈(中) (文春文庫) Kindle版 血脈(中) (文春文庫) 佐藤愛子

佐藤愛子の作品

ツイートする