佐藤家の人びと―「血脈」と私 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.09
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167450144

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で。
    血脈を読んだのでなんとなくこの本も借りてみましたがインタビューや後書きみたいな文章のまとめ、という感じでした。作品としては楡家の人々の方が良くできていたな、という話を父としました。

    写真を見るとそれなりに幸せそうで、普通の家族に見えるのですがまあどこの家族も何十年という生活をぎゅうっと絞れば色々な事件や意外な出来事の一つや二つ、出てくるものなのかも。佐藤家にはそれが一つ二つどころではなかった、ということなんでしょうね。

  • 佐藤愛子氏の父、兄、母など、人並みでない人たちの人生が・・・。
    小説「血脈」も読まねば。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4167450143
    ── 佐藤 愛子《佐藤家の人びと ~「血脈」と私 20080509 文春文庫》
     
    (20110118)

  • 12年もの歳月をかけて完成させた『血脈』の完成後の対談などが掲載されております。
    『血脈』のトリコになった人はこれを読むといいでしょう。

  • 「血脈」は読んだことはない。

    すらすらと読めた。

    凄い人たちがいたんだなー。

  • 佐藤紅緑もサトウハチローも知らない私には…。血脈を読んでから読むべきでした。

全6件中 1 - 6件を表示

佐藤家の人びと―「血脈」と私 (文春文庫)のその他の作品

佐藤愛子の作品

ツイートする