「血脈」と私 佐藤家の人びと (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.25
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167450144

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で。
    血脈を読んだのでなんとなくこの本も借りてみましたがインタビューや後書きみたいな文章のまとめ、という感じでした。作品としては楡家の人々の方が良くできていたな、という話を父としました。

    写真を見るとそれなりに幸せそうで、普通の家族に見えるのですがまあどこの家族も何十年という生活をぎゅうっと絞れば色々な事件や意外な出来事の一つや二つ、出てくるものなのかも。佐藤家にはそれが一つ二つどころではなかった、ということなんでしょうね。

  • 佐藤愛子氏の父、兄、母など、人並みでない人たちの人生が・・・。
    小説「血脈」も読まねば。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4167450143
    ── 佐藤 愛子《佐藤家の人びと ~「血脈」と私 20080509 文春文庫》
     
    (20110118)

  • 12年もの歳月をかけて完成させた『血脈』の完成後の対談などが掲載されております。
    『血脈』のトリコになった人はこれを読むといいでしょう。

  • 「血脈」は読んだことはない。

    すらすらと読めた。

    凄い人たちがいたんだなー。

  • 佐藤紅緑もサトウハチローも知らない私には…。血脈を読んでから読むべきでした。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

大正12年、大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。昭和44年、『戦いすんで日が暮れて』で第六十一回直木賞を受賞。昭和54年、『幸福の絵』で第十八回女流文学賞を受賞。平成12年、『血脈』の完成により第四十八回菊池寛賞、平成27年、『晩鐘』で第二十五回紫式部文学賞を受賞。平成29年4月、旭日小綬章を授章。近著に、『こんな老い方もある』『こんな生き方もある』(角川新書)、『破れかぶれの幸福』(青志社)、『犬たちへの詫び状』(PHP研究所)、『九十歳。何がめでたい』(小学館)などがある。

「2018年 『新版 加納大尉夫人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「血脈」と私 佐藤家の人びと (文春文庫)のその他の作品

佐藤愛子の作品

ツイートする