不機嫌な果実 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.11
  • (23)
  • (68)
  • (200)
  • (48)
  • (13)
本棚登録 : 932
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167476212

作品紹介・あらすじ

三十二歳のヒロイン、水越麻也子は、結婚六年目の夫に不満を抱き、昔の恋人野村と不倫の逢瀬を重ねていた。だが歳下の情熱的な音楽評論家、通彦との恋愛で、麻也子は大きな決断を迫られることになる…。「不倫」という男女の愛情の虚実を醒めた視点で描いて一大社会現象を巻き起こし、TV・映画化された、恋愛小説の最高峰。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 麻也子の「私は損をしている」という意識は、いわゆる不満を引き起こす。誰もが現状を不満に思うことがあって、それを埋めるために何をするかorあきらめるかの違いがあるのだとも思います。
    麻也子の場合は、不倫に走るわけですが、世間の目からしたら「ただの不倫女」かもしれない。でも本当の心理は、当事者のみが知る深い心のひだがあるのでは?
    女として生きることの焦りや悦びが詳細に描かれています。
    ドラマにもなっていますが、小説はまた違う味があります。不倫否定する方には、納得できないかもしれませんが、そこがまた狙い目かと思います。
    面白かった。女の心理がよく描かれている。さすが林真理子です。

  • 彼女のエッセイ、「野心のすすめ」を読んだ際に気になった一冊。
    醒めた視点で男女の愛の虚実を描き出す、不倫恋愛小説の最高峰と謳われたこの小説は、タイトルの絶妙さと相まってベストセラーとなるべくしてなったと思われる一冊。

    人の不倫話ほど聞くに下世話なものはないと思いますが、気になってしまうのも人の常。
    で、それでどうなったの、とページを捲る手は終盤に向かうほどに速くなります。
    どこまでも自分が中心の彼女の醒めた思想は新鮮でもおもしろくもあるけれど、読み終わって思うのは、莫迦な女。なんて幼い。というもの。
    数々の男を惹きつけるほどの美貌を持っているのに、哀れに思えてしまう。

    とはいえ、日常にドラマを求める気持ちはわからないではない。
    誰だって自分の人生を退屈でつまらないもので終わらせたくはないはず。
    日常の中に幸せを見つけるか、退屈な日常を飛び出し外に目を向けるか。
    それは、人によって違うと思いますが、彼女の場合は後者であり、別の男であった。
    不倫は何も燃え上がるような恋心からだけじゃなく、焦りや好奇心、夫への不満などもその種となるらしい。
    それは確かに非日常でドラマチックで、時には背徳感だって甘いスパイスになるのだろうけれど、そこには想像力や貞操観念の欠如があるのでしょうね。

    知らない世界にすこしだけ足を踏み入れて、いろいろ思いを馳せらせる。
    これも読書の醍醐味ですね。

  • 林真理子といえばあまりにも有名な作家だし、週刊誌などに書いているエッセイは時々読んでいるが、実はちゃんと小説を読んだことは少なかったように思う。ちゃんと読んでみて思うのは、文章が上手いし、普通の人の日常を描きながらも引きこまれる物語を創るんだぁということ。作家なのだからそんなのは当たり前、と言う人もいるのかもしれないが、実はこの2つの条件がそろっている作家は少ないように思う。

  • あれ、これ前に読んだことあるかな?
    愛人宅にステーキ肉を2枚忘れていく場面、めっちゃデジャブ。
    読んだことあるかもしれん

  • 通勤電車での読書が多くて基本的にはブックカバーしない派なのだけど、流石に途中でブックカバーをしながら読んだ本。今流行り(?)の不倫小説。ドラマ化もされたらしい。女性が読んだら「わかる〜!」ってなるのかもだけど、男性からしたら「女性こっわ!」な内容。

    ■メモ
    独身の女性だったら挙式の直前まで、あれこれ見比べたり思案するのは当然の事である。経歴や容姿ということにかけて航一は決して悪く無い相手ではあった。麻也子に限らず、女というのは大抵そうではあるが、自分の披露宴が終わった後の女友達との会話を想像して相手を決定するところがある。引き出物を片手にホテルのコーヒーハウスで行われる評定は情け容赦ないほど辛辣である。その点航一は合格点がある事は間違いない。が、南田だったら皆は嫉妬のあまりむっと押し黙ってしまうのではないか。それほどの肩書きを持つ男だ。しかし麻也子が南田に乗り換える事は無かった。ぜならば彼は航一とは比べものにならぬほどの醜男だったからである。

    ※ちなみに、ここで出てくる南田は36歳の国際弁護士で、東大卒、アメリカの名門大学のロースクール出でニューヨークの法律事務所で数年間の研鑽を積んだ後に虎ノ門の一等地に事務所を抱える有名弁護士の許に在籍している

  • 2016/4/8

  • ずっと積読になっていたけど読み始めたら面白くて一気に。
    ポケベルとか、描写とかバブリーな時代を感じるけど、不倫っていつの時代もテーマなのか。いやむしろ今こそ話題に上ってるのでは。
    とにかく面白く、嫌な読後感が残る。それが心地いい

  • 確かに悲劇のヒロイン化する女性はいるとは思うものの、主人公の麻也子には共感はできないし、読了後もどちらかといえば嫌な気分が残る小説ではあるが、こういう女性の嫌な部分を書くのは上手い作家だと思う。

  • 自分ばかりがソンをしている

    という表現が印象に残った。

    お話自体は、不倫だからなのか感情移入もできず、なんとなく不愉快な気持ちになった

  • 林真理子って本当に時代を捉えるのが上手だなあと思う。美しく傲慢な人妻が退屈で不倫するはなし。栗山千明と市原隼人というキャスティングはなんかイメージとちがうなぁ。

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

林 真理子(はやし まりこ)
1954年、山梨県山梨市生まれ。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動後、1982年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、デビュー作ながら話題になる。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
現在、直木賞、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞の選考委員を務めている。

不機嫌な果実 (文春文庫)のその他の作品

不機嫌な果実 (文春文庫) Kindle版 不機嫌な果実 (文春文庫) 林真理子
不機嫌な果実 単行本 不機嫌な果実 林真理子

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

不機嫌な果実 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする