日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.99
  • (144)
  • (171)
  • (104)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 1405
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167483159

作品紹介・あらすじ

昭和二十年八月六日、広島に原爆投下、そして、ソ連軍の満州侵略と、最早日本の命運は尽きた…。しかるに日本政府は、徹底抗戦を叫ぶ陸軍に引きずられ、先に出されたポツダム宣言に対し判断を決められない。八月十五日をめぐる二十四時間を、綿密な取材と証言を基に再現する、史上最も長い一日を活写したノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ポツダム宣言を受け入れて、玉音放送を実行するまでの一日を関係者の証言に基づき再現したドキュメント。
    終戦と言えば8月15日の玉音放送が思い浮かぶが、実際に放送されるまでの薄氷を渡るような状況がひしひしと伝わってくる。
    陛下にご聖断を頂き、宣言受け入れを決断するまでの大臣たちの葛藤は、当時の上層部がどれだけ苦しい思いをして、ここに至ったかを忍ばせる。
    例え聖断といえども受け入れられず、クーデター蹶起に走った若い将校たちからは、戦前から刷り込まれてきた軍国教育の真髄というか、本質が溢れだす。
    軍国主義に則って教育された若者たちが暴走する姿は、日本人という民族には例外的な卓越があるなどという戯けた考えを叩き込まれただけではなく、命令服従という軍として成立させる最低限のことさえも教え込めてなかったという事実を改めて浮き彫りにしている。
    最後に責任を取って自刃する多くの軍人たちは、そのことにも責任を感じていたのだろうか。

    それにしても一つ、何かがずれていたら玉音放送は実現できなかったということには、冷や汗を流さざるを得ない。
    そんな小さなズレだけで、日本の歴史は大きく変わっていたかもしれないのだ。
    革命ではなく大改革だったとも評される明治維新では成し遂げられなかった日本の変化は、本当に長かったこの一日でようやく一歩が踏み出されたことを実感させられる渾身のドキュメンタリーだった。

  • 玉音放送が流れるまでの24時間を追ったノンフィクション。8月15日の正午までに何が起こっていたのか、玉音放送が、放送された軌跡と奇跡を日本人なら知っておくべき。
    始めたものを終わらせる難しさを感じた。

  • 戦後日本に生まれ育ったので終戦に向かう流れを
    当然(善)と受け止め、それを阻止しようとする
    軍人達を理解不能な当時の遺物と思うかもしれない。
    しかし、授業では単純に終戦(敗戦)は
    ポツダム宣言受諾と片づけられるかもししれないが、
    大人になったらその決断の裏にどのような
    当時の人々の信念・思惑があり、
    指導者たち、そのもとの人々が、
    どう生きて、死んでいったか知る必要があると感じた。
    今では、国であったり、組織であったり、
    当時自分が依り護る対象がそれまでの人生で
    いかに形作られてきたのかはこの一日を見るだけでは
    理解できないだろうから、
    正しく把握しなければならないだろう。
    それには、この本のなかだけで、
    当事者を評価できないが
    二度と戦争を自らの手で起こさないために
    戦勝国の後の歴史でもなく東アジア、東南アジア諸国
    の視点でもなく、なぜ戦争ははじまり、
    どのような結末を迎えたのか俯瞰して
    正当化も卑下もなく、弁護も糾弾もなく
    その時代を知っておきたいと、強く思わされた。

  • 建国以来唯一の敗戦。天皇陛下を中心とした国体を守ろうとした陸軍の面々。陸軍は長州藩の流れをくむという司馬遼太郎の指摘の通り、過激かつとことん尊皇。終戦前夜の攻防は江戸城開城前夜の勝海舟の話を彷彿させるが、勝の自慢話ではうかがい知れなかった克明な事実が数十年前の昭和史にはある。徹底合議型の鈴木首相、侍そのものの阿南陸相、名門武家が持つ王者の風格が漂う徳川侍従、その他多勢の男達が真剣に国のあるべき姿を命がけで守り抜こうとした。圧巻はここ一番で国民や兵に直接話しかけると提案なさった天皇陛下だったと思う。

  • タイトルにもなっている『日本のいちばん長い日』とは、終戦の日、1945年8月15日正午に玉音放送が流されるまでの24時間のことである。日本史上初めての敗北の日。まさか何事もなく、玉音放送が行われたわけではなかっただろうが、今まで何も気にしていなかった。14日深夜から玉音放送を阻止すべくクーデターが発生していたというのも本当に初耳だった。少し反省した。
    本書では、まさしくそのままアメリカドラマ「24」と同じことができそうなくらい、スリリングな物事の流れが1時間ごとの章に刻まれていく。クーデターの話だけでなく、文案の決定や放送の録音など、この1日にはいくつも重要な局面があり、重要な決定や行動がなされている。著者は、さまざまな文献に当たるとともに、存命中の当事者へのインタビューを重ねることにより、歴史の真実らしきものを紡ぎだす。登場する人物の心の揺れまで、流麗な文章によって綴られており、鈴木首相も阿南陸相も、そして畑中中佐も、そのキャラクターが立たされている。

    現代から顧みると、違和感とともにやはりそうだったのかとの感想を持たざるをえないのは、国体や天皇への異常なまでのこだわりと、そのこだわりが疑問なく全くの当然のことと扱われていたことである。全ての異なる立場の人がそこだけは全くぶれない。著者もそのことに疑問を呈することもない。だからこそ天皇制を維持することで、戦後無用な混乱が避けれられたのだとも言える。
    天皇陛下への忠誠は、悉く真摯であり、美しくもある。筆者もそのようなものとして書いている。一方、その絶対的な帰依は、ある種の国民的な狂信とも言えなくもない。一定のラインを超えると、それは善悪を超えたものとして起こりうるのかもしれない。


    古い話を書いたやや古い本なのだが、それを全く感じさせない。良質のドラマのような緊張感がある。不謹慎であることを承知で言うと、とにかく面白い。おすすめ。

  • 確か数年前、本作がテレビでドキュメントドラマとして放映され、玉音放送の原盤の争奪や一部の塀の反乱があったことは、覚えていた。
    今回、原作を読み、フィクションよりもサスペンスフルで緊迫感があり、ノンフィクション以上の歴史の面白さ(歴史に対して不遜な言い方だが)を味わった。
    歴史の不思議、いくつかの偶然の重なりがもたらす歴史の必然ともいうものに、思いを新たにした。
     もし、玉音盤を他の誰かが保管していたら、…
     隠し場所が明らかになったら、…
     そしてそれが叛乱兵に奪われていたら、…
    8・15は無かったかもしれないし、戦後歴史は違った様相を見せていたかもしれない。
    スピードを増す列車が急停止すると、死傷者が出てしまう。天皇および内閣が決断した戦争終結をめぐり、玉音放送の前ばかりでなく、15日以降もこれほど軍人の叛乱があったとは・・・
    片意地を張った正義(先の大戦では国体護持という言葉)が、どれだけの災禍をもたらすかということを再確認した一書である。
    そして、歴史の転換点には、将来を見通す洞察力と先見性、ゆるぎない信念を持った指導者が必要であることを再認識した。
    天皇陛下の決断、鈴木首相の老獪さ、阿南陸相の潔さ、米内海将の聡明さ、彼らの存在なしに8・15を語ることはできない。しかしながら、歴史を作るには、彼らを取り巻く幾多の人々(本書の場合で言えば、宮内庁の人々、放送局の局員たち、そして組織に則った軍人)のたゆまない努力、献身、支持なしにはあり得ないのは勿論である。
    今後の日本、さらに世界の来し方行く末に思いを致す人ならば、本書は必読の一冊と言えようか。
    今夏に映画化も予定されているようで、どのような映画になるか、楽しみとしよう。

  • 1時間ずつを、噛みしめるように読んだ。 「神の見えざる手」という言葉があるが、なにか大いなるものに動かされていたのではないかと感じるほど際どい展開だ。名の出ていない、徹底抗戦を訴えていた人たちは戦後をどう過ごし何を感じているだろう…。自分がここから何を学べばいいのかは、まだまだ見えない。

  • 昭和20年8月15日正午までの1日を、「24」ばりに1時間刻みで描いたノンフィクション。天皇とその周辺、首相とその周辺、陸軍大臣とその周辺、叛乱を企てる青年将校、そしてNHK職員の動向が複雑に入り乱れ、えげつない緊迫感をもたらす。特に陸相・阿南惟幾の潔さが際立つが、足元の陸軍省の将兵の脱走、畑中少佐らの暴徒化など結局統制がいちばん効いていなかった点を鑑みるに、なんとも複雑な気分になる(この違和感をまだ整理できていない)。日本の現状認識の歪みが一気に矯正されていった時期のハイライトの1日の貴重な記録。傑作です。

  • 2011年8月19日読み始め 2011年8月21日読み終わり
    ちょっとしたきっかけがあって読み始めました。岡本喜八の映画が有名ですが見たことはありません。
    昭和20年8月15日の玉音放送を巡って、政府関係者や天皇、軍人たちが戦った緊迫した24時間を時系列に追ったドキュメンタリーです。ほんとにこんなにドラマチックだったのかな?と思ってしまいますが、大日本帝国の終焉、明治以来培ってきた日本軍の最後の日には、現実は小説より…という言葉にもあるような激しい葛藤があったようです。
    たくさんの人物が出てくるので覚えられないですが、完全に把握しなくても十分に興味深い内容だと思います。

  • 完読

全160件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)のその他の作品

半藤一利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする