日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.99
  • (145)
  • (173)
  • (105)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 1431
レビュー : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167483159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 完読

  • 読了。

  • 終戦70周年の夏に読んでみる。

    本書は映画化もされるとのことだが、個人的には同じ著者の「真珠湾の日」の方が面白かった。基本的に終戦時の東京周辺の話ばかりの本書に対し、「真珠湾の日」の方がスケールが大きく感じられるからかな。

  • 阿南陸相、鈴木首相といった立役者だけでなく、記者、放送まで、あらゆるピースがうまくハマっての終戦。
    歴史のギリギリの感じ。恐ろしい偶然。
    そして、戦争を終わらせるのがいかに難しいか。
    理屈などむなしくばかりの、積み上げられた現実の力の強さ。姑息な野郎はどちら側にもいない。だから余計にたちが悪い。

    ただ、注の置き位置が章の終わりにまとめてあるのはかえって読みづらい。出てきたページに置くべき。同じように写真も。また、登場人物が多すぎるため、図解はあってもよかったかもしれない。

  • 登場人物が多くて把握しきれなかった。
    再読することがあれば、その時はちゃんと読みたい。

  • ほんとうに、国体護持ってなんだったんだろう。また、それが解るようになる世の中になるのがこわい。

  • もうすぐ映画公開ということで、手にとってみた。8月14日から15日にかけての、ポツダム宣言受諾と玉音放送をめぐる政府・軍部内部の抗争・葛藤を時系列に描く、スリリングな作品である。

    今さらながら思うのだが、歴史を叙述する場合、「研究」と「小説」の境目ということが言われる。ぼくが名著だと思っている小田中直樹『歴史学ってなんだ?』も、塩野七生と南川高志を例に、研究書と小説の違いについて述べている。

    しかし、「ノンフィクション」の場合はどうなんだろうか。「小説」の側に一緒くたにしてよいのだろうか。

    少なくともこの本は、「小説」の類であるように思う。登場人物が発する「言葉」は、著者による創作が少なくないだろう。しかし、別に「この部分は創作です」といちいち断るわけではないので、小田中直樹の定義からしても「小説」にジャンル分けされても良いように思う。

    しかし、だとすると「小説」と「ノンフィクション」が分れている理由は、何なんだろうか。そこがわからなくなる。出版史の範疇なのか、文学史の範疇なのかわからないが、誰か調べている人はいないのだろうか。

  • 読む価値あり、書いてあることが事実だなんて驚きだよ。

  • 読了。圧倒的な取材力!それにしても「死場所を探す」って、すごい言葉。

  • ぼちぼちですかね。
    今までポツダム宣言あったんだよね、ぐらいの認識でしたが、確かに色々な思わくや一歩間違えると大変なことになっていたかも知れない1日だったんだなと感慨深いものがありました。

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)のその他の作品

半藤一利の作品

ツイートする