あの戦争と日本人 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.11
  • (24)
  • (33)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 222
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167483210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今、あの戦争について知っている人、知りたいと思っている人がどれほどいるだろうか?
    日露戦争をはじめるときと太平洋戦争をはじめるときの違いがよくわかった

  • やはり面白い。そして分かりやすい。もっと歴史を知りたくなる一冊でした。

  • やわらか歴史おじさんの語り本。戦争に密接な軍部と国民。司馬の「統帥権=魔法の杖」と比較しつつその起源を人を通して語る。なにより統帥権を巡る戦争という視点では説明しきれない何かを捉えていく。その先には「あの戦争と日本人」という標題に同じテーマがあった。というのが感想とするのは恥ずかしいけども。楽に真摯に受け止めたくなる本。

  • 日本の一番長い日と平行して読む。色々な間違いが積み重なって悲劇が起こる。やはり民族としての経験不足もあるのか、極東の島国が気質を生むのか。日露戦争で少し負けておいた方が第二次大戦の悲劇はなかったかも。アジアを欧米の植民地から開放する、という大義はよいが、ミイラ取りがミイラになってはいかん。

  • 「歴史探偵」が語り下ろした、明治維新からあの戦争まで。

  • 3日で読了。読み易いが、聞き書きなので少々、内容がだぶりがちな印象。
    石原莞爾と宮沢賢治が日蓮宗の拡大主義の産物だと言い切った所が秀逸だった。阿南と米内の確執も説得力があった。

  • 7、8月に必ず読む終戦もの。半藤さんのバランス感覚と資料に裏付けられた発言は、目から鱗のことがままある。今回もそんな一冊でした。

全28件中 21 - 28件を表示

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

あの戦争と日本人 (文春文庫)のその他の作品

あの戦争と日本人 単行本 あの戦争と日本人 半藤一利
あの戦争と日本人 Kindle版 あの戦争と日本人 半藤一利

半藤一利の作品

ツイートする