撫で肩ときどき怒り肩 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.16
  • (4)
  • (5)
  • (32)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 143
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167485030

作品紹介・あらすじ

友達との長電話やテレビの前でゴロゴロしている日常にこそ、ラディカルな笑いがあふれているのだ。読めばたちまちあなたにも愛と勇気がわいてくる爆笑コラムが六十四篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1984年から1987年にかけて書かれた群さんの
    エッセイを集めた本なので、当時私は小学生。

    小学生と大人では見えている時代の景色が違うので
    同じ事柄でも、子供だった自分の視線から見えていた景色と
    大人だった群さんが見ていたその景色では感じ方も
    見えている景色すら違っていたりで
    不思議な感覚をともなうタイムトリップで楽しかった[*Ü*]

    偶然にもこの間テレビの「ジェネレーション天国」で見たものと
    同じテーマ「給食」の話題もあったり!
    お汁粉にマカロニー!?ってびっくりしたけど、群さんの給食の
    思い出にもあって、当時の群さんは

    「なんでお汁粉にマカロニが入っているのか」

    と悩んだ。とあって[笑]やっぱり当時でも不思議だったんだ~と
    追体験するようでうれしくなったり♡

    小中学時代に私も夢中になった、女子プロレス。
    長与千種にライオネス飛鳥、クラッシュギャルズ!
    「たけしのスポーツ天国」のカール君、
    「天才たけしの元気が出るテレビ」のたけし猫招きっ。
    「わくわく動物ランド」「アメリカ横断ウルトラクイズ」。

    ヘヴィメタ話でLOUDNESS!!!
    TAIJIがいた頃にライヴに行ったなぁ~って懐かしくなったり。
    見た時代が一緒なものも、時代を経て知ったものも
    いろんな同じ景色が自分とは違う角度からどんどん映されていくのが
    ほんとに楽しくてあっという間に読了。

    今の群さんの本もおもしろいけど、
    古い本は古い本で懐かしさや新しい発見、
    思い出す景色が不思議なアルバムみたいで楽しい。

    • 山本 あやさん
      [♥óܫò]∠♡vilureefさん

      vilureefさん、こんにちはー♡

      きゃーー、同級生ですかーーー♡
      んもー!んもー!懐かしくて悶...
      [♥óܫò]∠♡vilureefさん

      vilureefさん、こんにちはー♡

      きゃーー、同級生ですかーーー♡
      んもー!んもー!懐かしくて悶絶しちゃうぐらいの
      ラインナップなんですーーー[>▽<*]

      「わくわく動物ランドの」の象の金バッジ!!
      うわぁああああ、懐かしいーーー!!!
      vilureefさんが書いてくれるまでバッジの存在忘れてました!
      ありましたねーっっ。トップ賞のっ♡
      この番組からエリマキトカゲやウーパールーパーと
      どんどん人気動物が出ましたよねーっ[*´▽`*]

      カール君。そうですっそうですっ。
      レールの上を時に壊れながら[笑]
      井手ラッキョさんとか走ってましたよねー。

      エッセイって旬の時はもちろんだけど、
      時間がたってタイムマシン的なあった!あった!
      って楽しめたり、知らない時代はそれもまた新鮮だったりで
      文才のある人のエッセイは時間を越えて楽しませてくれますよね♡

      子供の時だから同じ時間の中でも気づかなかった視点が
      いっぱいで、へーー大人はそんな時間を!!!
      ってすごくびっくりでした。
      テレビ番組はなかなか当時のを見ることってできないから
      本ってすごく貴重なツールですよね[*Ü*]
      2013/06/12
    • vilureefさん
      悶絶しちゃうんですね(笑)
      私も悶絶してみたい~♪

      ウーパールーパー、当時は歌まで出来てみんな歌ってましたよね?
      「アイアイアイ、僕はウー...
      悶絶しちゃうんですね(笑)
      私も悶絶してみたい~♪

      ウーパールーパー、当時は歌まで出来てみんな歌ってましたよね?
      「アイアイアイ、僕はウーパールーパー」って。
      アイドル的扱いだったのに、最近はちょっと大きなペットショップに行くと水槽の中にポツンと入ってて見向きもされていなかったり。
      なんだかさみしい・・・。

      やっぱりいいですよね、昭和。80年代あたり?
      ビバ昭和です!!
      2013/06/12
    • 山本 あやさん
      [♥óܫò]∠♡vilureefさん

      vilureefさん、こんばんは~[*Ü*]

      ウーパールーパーの歌知らないですー!
      YouTube...
      [♥óܫò]∠♡vilureefさん

      vilureefさん、こんばんは~[*Ü*]

      ウーパールーパーの歌知らないですー!
      YouTubeで探したらあるかなぁ~。
      ちょっと探してみます![笑]

      あの当時から今でもウーパールーパーは
      家族になりたい動物としてずっと熱望しつつですー。
      なんとも癒される風貌ですよね~♡

      次はどのタイムマシン本を読もうかとドキドキしてます[*Ü*]
      2013/06/18
  • '96.1読了。

  • 1980年代中頃に書かれた辛口コラム集。
    今読むと色々と懐かしい話題が多く『元気が出るテレビ』とか『兼高かおる世界の旅』とか当時を思い出してしまいました。若い子が読んでも分からない話が多いと思いますがある程度の年齢の人間には面白い本なのでは。

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

  • 売却

  • とにかく昔の話しだった。
    TVにまつわるエッセイとかあるんだけど、その番組も私が小学校のころのとかだから、古くて古くて…。

  • 本当の頭のよさや便利な道具の果て、など、読みやすい中にもしっかりと考えさせられる。(2005.7.31)

  • ほのぼの〜っとしたエッセイ

  • 1994.6.23

  • 群ようこさんの辛口コラムです。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

撫で肩ときどき怒り肩 (文春文庫)のその他の作品

群ようこの作品

ツイートする