春告鳥 女占い十二か月 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.17
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167497163

作品紹介・あらすじ

江戸時代にも「占い」は流行し、女性たちはそのお告げに一喜一憂していた。実際に出版されていた占い本「女用知恵鑑宝織」。女の吉凶を生まれ月ごとにズバリあてるこの本をめぐる女の喜びと悲哀-。月ごとの風物を織り込みながら、江戸の女の恋愛を生き生きと描き出す、切なくも愛らしい傑作時代小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2010年4月刊。オール読物2009年1月号〜12月号連載。2013年3月文庫化。江戸に暮らす女性12人の恋愛事情を綴った連作短編12編。いずれも、哀しい話ばかりで、共感も少なく、楽しめませんでした。

  • 【時代小説の名手が描く、江戸の女の恋愛模様】江戸の占い本が女たちの吉凶をズバリ! 月ごとの風物を織り込みながら江戸の女を生き生きと描く、切なくも愛らしい傑作時代小説。

  • 主人公は睦月から師走までの各月に生まれた12人の女性たち。実際に出版されていたという『女用知恵鑑宝織』に記される自らの生まれ月の吉凶占いを読み、惑う者あり、あしらう者あり。月々の風習や風物の描写が心地よいし、ためになる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

すぎもと・あきこ
1953年、福岡県八女市生まれ。ノートルダム清心女子大学国文学科卒業後、金城学院大学大学院修士課程修了。江戸文学を学ぶ。1980年「男の奇跡」で歴史文学賞佳作入選、作家デビューを果たす。1989年「東京新大橋雨中図」で直木賞受賞。2002年『おすずーー信太郎人情始末帖』で中山義秀文学賞を受賞。近著に『起き姫 口入れ屋のおんな』など。本作は「お狂言師歌吉うきよ暦」シリーズ4作目の完結編となる。

「2016年 『カナリア恋唄 お狂言師歌吉うきよ暦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉本章子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青山 文平
宮下奈都
三浦 しをん
西條 奈加
又吉 直樹
ピエール ルメー...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×