長い旅の途上 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.18
  • (138)
  • (104)
  • (75)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1268
感想 : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167515034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最後の一編、これまで巡ってきた旅路を振り返り、また、アラスカの地に家を建て根を張ろうと決意する文が、しみじみと良い。
    去年「旅をする木」を読み、星野道夫さんを好きになり、他の本も読みたいと思った。思わぬ出会いから、出会いがつながっていく。
    いくつかの本を並行して読みながらだったのでなかなか進まなかったが、それでもこの本を開けば遠いアラスカの地に住む人々に会えたから不思議だ。

  • 「旅をする木」に感銘を受けて手にとった星野道夫さんの2冊目。
    既発表だが単行本未収録の文章を集めた"遺稿集"だという。そうした事情があるからか、「旅をする木」でも綴られた星野さんを象徴するようないくつかの考え方が、何度も何度も繰り返し、出てくる。

    「自然は人間のために存在するのではなく、ただそこに在る」「雄大に見える自然は実は脆く、私はその脆さの方に惹かれる」「いまこの瞬間に北海道にクマが生きているように、アラスカでクジラが突然ジャンプするように、いま自分が生きている世界に別の時間が存在する。自分の中にそうした複数の時間を持つことはとても豊かなことだ」「子どものころの忘れ得ぬ体験や出来事は、種となってその子の中に根をはり、10年15年たって花が咲く」・・・

    全く正確な引用ではないが、こんなような言葉やその基となった体験にまつわる話が、何度も、何度も出てくる。
    さらに、同じ人物についての話も何度も出てくるものだから、不思議なことに、全く会ったこともないアラスカに生きる彼らと自分が友達なんじゃないかという錯覚すらも覚える。

    そういう意味で「旅をする木」を読んでから、本書「長い旅の途上」を読んだ感想を一言で言うなら、"星野さん練習帳"という感じ。アラスカの自然や動植物、そしてそこに生きる人々と静かに向き合い続け、紡がれた言葉や思いを何度も何度も咀嚼し飲み込みを繰り返す。そうすることで、自分に染み渡らせていく…そんな本だった。


    ***
    いま、2020年の4月23日。世界はコロナ禍にある。日本も、「自粛を要請」みたいな訳の分からない言葉がはびこっていることが象徴するように、混乱の中にある。言葉が混乱しているということは、人々が、社会が混乱しているということなんだと思う。

    自分自身も、もう在宅勤務になって1ヶ月半以上。買い物などを除いて、基本的に外には出ない。
    とはいえ、さすがにそれだと心と身体に悪いような気がしてきて、マスクをしたうえで、人の密集を避け、少し近所を散歩する時間を意識的に作っている。ウイルスとの戦いも、"長期戦"の様相もあるし。
    ここ数日、弱いながらも冷たい雨が降って気温がぐっと10度ぐらいまで冷えることもあるが、晴れた日には「自粛」などという言葉から最も離れたところにあるような穏やかで気持ちの良い陽射しが差す。近所の少し大きめの公園も、まるでもう5月かのように既に新緑で埋め尽くされている。
    ずっと同じ色しかない家にこもっているからなのだろうか、外に出て目に映る新緑の鮮やかなこと。こんなに、緑ってきれいだったっけ?陽射しって、こんなにきらきらと、いろんな色に見えるんだっけ?と、ただ街路樹の新緑が陽射しの中に揺れているだけなのに、なんだか見とれてしまう。そうしていると、ハトやカラスやスズメなんかが、ちょんちょんパタパタと歩きまわっていたり、虫をついばんでいる姿も目にする。
    そんな生き物たちの様子や、毎年と変わらずに生い茂っているのであろう緑をみていると、ふと星野さんの言葉がどこからか蘇ってくる。

    「すべてのものにただ平等な時間が流れている」「自然やその中の生命はただこの瞬間を生きている」…

    世界的で未曾有な混乱はまったく収束する気配はない。そんな中、近所の公園にて、ただ「ああ、本当に星野さんの言っていた通りだ」と、私は思った。

  • アラスカで暮らした写真家/作家、星野道夫さんの遺稿集。
    都会に暮らしていながらも、同じ時間でアラスカのような場所で豊かな自然が存在していることを意識できるだけでも、人生は豊かになる。なるほどな、と思った。

  • 星野道夫の本には、愛が溢れている。厳しい大地を闊歩するムース、空に揺れるオーロラ、時代の狭間に翻弄されながらも生き抜く住人達。これらに星野道夫は魅せられていたのだろう。確かにアラスカに身を固めるのは大きな決断だと思う。けど、なんというか、星野道夫のアラスカへの動機にとても共感できる。今ここに、中目黒行きの東武スカイツリーラインの中に僕がいる一方、アラスカの大地では厳しい冬の中ムースが闊歩している。別にアラスカだけじゃなくて、深海ではシーラカンスが何かを食べていて、アフリカでは象が戯れている。それが同時に存在している、それを不思議に思う感性と、それを想像することで心が豊かになる気持ちに、とても共感できた。

    手元にいつまでも置いときたい1冊でした。

  •  本書を読む前に自分の頭の中で勝手に思い描いていた漠然としたアラスカが、読後には生き生きと広がりと深さをもった場所として記憶に残りました。アラスカに魅せられた著者の温かいエッセイ、それに添えられた美しい写真が印象的です。

     動物や季節の推移についてのエッセイは、無機的なモノトーンに感じられる氷と雪が限りなく広がる世界を背景に、わずかな点のような生命が色鮮やかに輝いているように描かれます。冬の厳しさが、生物の持つ温もりをさらに際立たせているように感じられます。

     人物を描写したエッセイでは、日本に住んでいるとほとんど感じることのない、原住民のスピリチュアルな世界観がさり気なく描かれています。目に見えない心に価値を置く社会が、ここにあるようです。登場人物を通して描かれる彼らの感性はどこか温かく、また何か忙しい普段の生活で忘れているものを思い起こさせます。これもまたアラスカの寒さが、人の心を温かくしているのかもしれません。

     ちょっとアラスカに行ってみたくなりました。

  • 就寝前に少しずつ読んだ。基本的にもの静けさに包まれているので、落ち着いた気分で寝ることができ、よかった。
    目の前の生活に疲弊してしまったなと感じる時、今この瞬間、アラスカをムースが走り抜け、クマの親子が深い森の中をゆっくりと歩いている場面を頭の中に思い描きたい。

  • 星野道夫さんの、アラスカでの出来事が平易な言葉で、淡々と描かれている。ただそれだけなのに、どうして読んでいてほっとするのだろうか。星野道夫さん自身の温かさと、アラスカの人の温かさ、そして自然の持つ雄大さに触れられている気分を味わえるからではないかと思う。

    星野道夫さんはこの本で「忙しい日本での日常の裏で、自分が普段見られない自然が存在し、生き物が生きている、ただそれだけで安心感を感じることができる」と述べる。自分が街歩きや旅行が好きなのも同じ理由だなと思った。自分以外に生きているものが周りにたくさん溢れているという実感。それが感じられることに安心するのだ思う。星野道夫さんが的確に言語化してくれていて、胸に落ちる感覚があった。

  • 星野さんの紡ぐ文章は
    アラスカの自然のように大きくて
    そして優しい。

    要所要所に載っている写真も
    とても素敵。

    きっと自然でさえも
    彼に心を開いてしまうのではないか
    と思えるほど、
    アラスカの自然を愛し、生きた人。

  • アラスカの自然に魅せられ、先住民や自然と一体になって暮らした星野さんのエッセイ集。美しさも厳しさも含めて本当にアラスカの支援が好きだったんだなとすごく伝わるし、山での暮らしや川下りやオーロラツアーや先住民の方との心からの交流など、こんなふうに暮らしてみたいとおもわせる。印象的だったのは東京で暮らしているときに、北海道に生息するヒグマの息遣いを思い出し存在を感じるというもの。なんだかわかるなあ。生半可な気落ちではいけないんだろうけど、厳冬のアラスカにも行ってみたい。

  • 人間の豊かさとは、人間の幸せとは、アラスカを通して星野道夫さんが学んだことを、僕たちに語りかけてくれる一冊です。
    写真を交えた短いエッセイがたくさん掲載されており、きっとこの一冊を読めば星野さんのアラスカでの日々を追体験できるはずです。

    どこから読んでもいいし、読まなくてもいい。いつ止めてもいいし、何度読んだっていい。
    星野道夫さんは、いつだって大切なことを伝えてくれます。そして、大切なことは何度でも、伝えてくれる。
    あなたが読みたいときに、読みたいページから読むことをオススメします。


    この本で印象的だった話として、星野道夫さんは「自然には二種類ある」と話しています。


    ”人間には、二つの大切な自然がある。

    日々の暮らしの中でかかわる身近な自然、それは何でもない川や小さな森であったり、風がなでてゆく路傍の草の輝きかもしれない。

    そしてもう一つは、訪れることのない遠い自然である。ただそこに在るという意識を持てるだけで、私たちに想像力という豊かさを与えてくれる。

    そんな遠い自然の大切さがきっとあるように思う”


    この本から自分の身近にある自然をとても強く意識するようになりました。

全94件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

写真家・探検家

「2021年 『星野道夫 約束の川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
吉本ばなな
サン=テグジュペ...
高橋 歩
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×