無防備都市 (文春文庫―禿鷹の夜2)

著者 :
  • 文藝春秋
3.43
  • (10)
  • (26)
  • (42)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 235
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167520090

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作に似た感じもあるが、相変わらずの極悪ぶりが面白い!

  • やはり紹介文で言われるほど
    禿富刑事は悪徳では無いと。
    逆に不器用な人間性が出ていて
    結構良い。

    それよりも、
    渋谷を牛耳るはずの
    外国組織の殺し屋が
    あまりにショボイ(笑)

    はい!3巻へ突入するぞ~

  • やくざもビビるダークヒーロー、禿富鷹秋がカッコイイ!相変わらず、水間、野田の関係がいい。禿富が非情な分、救われる思い。

  • 禿鷹の夜#2

  • ますますハゲタカワールド炸裂!
    どこまで行くのか?禿鷹ワールド!

  • 極悪非道の警察官が、ヤクザもドン引きなやり方で、どんどん解決に導く痛快なストーリー。上手く行き過ぎでしょって、思う面多々あり。

  • シリーズ二作目。警察暗黒小説。ヤクザはもちろん善良な市民をも食い物にする冷酷非情な疫病神、ハゲタカと恐れられる稀代の悪徳警官禿富鷹秋が主人公。しかーし徹底した一匹狼、損得勘定を冷静に計算、自分が掟、常に他人に対して圧倒的に優位にたつなど裏ヒーローとしての素質がバッチリ! しかもモテモテ。かなり引き込まれる。一作目よりパワーアップしている感じがするな~。男が惚れる男か。一気読みの痛快作品です。

  • 前作はとにかく衝撃的だった。さすがに新鮮味は薄れたが、 でも面白くなくなったかというとそんなことは全くない。 プロットとかは結構どうでもよく、ただ禿鷹が暴れ回ってくれればいいので、 そういう意味で非常に安定感の高いシリーズになる要素がある。
    ビミョーに禿鷹に感情移入してしまうのは作者の手練の賜物だな。

  • 悪徳警官がヤクザに仕返しする話。正直かなり退屈だった。主人公の傍若無人っぷりには前作で慣れてしまったし、ミステリ的要素が後退してヒキが弱くなったと思う。

  • -

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

逢坂剛

一九四三年、東京生まれ。八〇年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。八六年に刊行した『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。二〇一三年に日本ミステリー文学大賞、一五年には『平蔵狩り』で吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズや「長谷川平蔵」シリーズなど著作多数。

「2019年 『果てしなき追跡(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

無防備都市 (文春文庫―禿鷹の夜2)のその他の作品

逢坂剛の作品

無防備都市 (文春文庫―禿鷹の夜2)を本棚に登録しているひと

ツイートする