陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.66
  • (179)
  • (221)
  • (461)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1973
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167528058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 陰陽師・女は怖いよね編。<br>
    女に生まれて女の怖さは知ってるはずだけれどやっぱり怖いです。男の人が読んだらもっとガクガクブルブルだと思うわ。

  • 今作は“語り”の部分が多かったような気がする・・・


    いつから、自分の感情を言葉で言い表せるようになったのだろう?  誰かへの好意や敵意を。  それに伴う喜びや悲しみ、etcを。。。

    でも、言い表した感情は、本物なのだろうか?   そして、言い表せない感情はどこに向かうのだろうか?


    人が自分の気持ちを口に出したとき、“呪”がかかる。   その“呪”は、時に人を助け、時に人を苦しめることだろう・・・



    今回は、晴明の心の闇を垣間見たような気がした。   そして、博雅にはずっと晴明のそばについていて欲しいと願わずにはいられなかった。

  • 瓜仙人面白かったなぁ。
    あんな術やってみたい。

  • 陰陽師シリーズ3作目です。

    シリーズ物なのに・・・でてくるキャラクターはかわらないのに・・・

    なにか毎巻雰囲気が違います。

    こんかいの付喪神ノ巻は、なんか全体的に歌っぽい・・・
    なんて説明したらいいのかわかりませんが、歌を聞いてるみたいって感じました。

    次の巻はどういう感じなのか非常に楽しみですw

  • 『生成り姫』の元となる、『鉄輪』が入っています。
    『瓜仙人』がぢつは一番この中では好きです☆
    なんか可愛い(*´ω`*)

  • 未読

  • 好きなのは「迷神」印象的なのは「鉄輪」「這う鬼」です。
    うん、面白かったですよ。ホントに。話的にも雰囲気的にも気に入ったんです。
    哀しさ、暗さ、人の思いの強さと恐さ。そういうのがあるかなって私は思いました。

  • 晴明と博雅、お互いを大切に思っていることが会話からよく伝わってくる。

  • 古典知ってると尚面白いだろうと思う。ニマニマしっぱなしだよきっと。

  • 晴明のそばに博雅がいてよかった。

全121件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2019年 『キマイラ20 曼陀羅変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする