陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.66
  • (179)
  • (221)
  • (461)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1973
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167528058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつも通りさらっとしていて読みやすかった。
    和歌の話はいいね。
    「忍ぶれど…」
    「恋すてふ…」
    どちらもいい歌ですね。

  • 再読。シリーズ3巻目。道満が出てきました。

    この巻で分かるのは、晴明にとって、博雅が必要な人間であること。
    酒を一緒に飲んで、呪の話をして、事件を解決して、しみじみと悲しさをかみしめたり。
    博雅の存在で晴明が救われていることがわかる巻です。

  • 先輩から借りた本。陰陽師第3弾。短編。
    前作の人物もちょこっと出てくるが、安部清明の宿敵となりそうな人物が登場する。
    絶対の強さを見せていた清明に対し、対照的な道満をあてることで短編でありながら今後を期待させる内容。
    人間の持つ情念を書かせたらすばらしい作品を作り出す作者に安定した読みやすさを感じる。

  • 丑の刻、貴船神社に夜毎現われる白装束の女が鬼となって、自分を捨てた男を取り殺そうとする。そんな男の窮地を救うため、安倍晴明と源博雅が目にしたものは!?女の悲しい性を描いた「鉄輪」他、全七篇。百鬼夜行の平安時代。魍魎たちに立ち向かう若き晴明と博雅の胸のすく活躍、魅惑の伝奇ロマンシリーズ第三弾。 (amazonより抜粋)

  • 「鉄輪」を読んで、「生成り姫」の話かと思った。
    けれども、面白かった。

  • ゆこう。ゆこう。晴明&博雅コンビが可愛くて可愛くて。

  • 今さら?かもしれないですが、はまってます。
    話の内容自体も好きですが、すごく読みやすくわくわくしてきます。古今和歌集、今昔物語などの引用もところどころ出てきて勉強にもなります。おもしろい。

  • 2010.2.18再読

  • 先輩からお借りしている、夢枕獏氏の陰陽師3巻目でございます。
    読みやすい文章と、いつの間にか引き込まれてしまう晴明と博雅の会話。
    短編形式ということもありのんびり読むのにもお勧めデス。

    晴明が誰かしらに陰陽師として呼ばれるたびに、博雅と会う約束をしているから一緒に連れて行ってもいいかと、本人の承諾も無く勝手に了承を取っていたり。
    博雅が行くのを渋ると、「いかぬのか」と聞いてきたり。
    何だか晴明が可愛らしく見えてしまいますw
    作者自身もこの二人が好きということで、読んでいてもとても二人の会話に好感が持てました。

  • 2008.2.23読了

全121件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2019年 『キマイラ20 曼陀羅変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陰陽師 付喪神ノ巻 (文春文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする