陰陽師 鳳凰ノ巻 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.62
  • (152)
  • (177)
  • (423)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1703
レビュー : 104
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167528072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二人ともよく呑むなぁ。
    ホントにいいコンビだなぁ。

  • 蘆屋道満が良い味をだしてますねvv
    ちょっと可愛い感じなのも凄く良いです。
    やっぱり魅力的なストーリィには素敵な悪役が必要不可欠ですね★

  • 晴明と道満の組み合わせもなかなか好きです。

  • もう陰陽師オタクって言われてもいいです

  • 大好きな陰陽師シリーズ★ 既存のお話を使ってこんなに読ませてくれるストーリーが描けるというのは本当に凄いと思います。言霊とは何か、陰陽師とは何か……など知るのに最適なシリーズかも。

  • 清明とは別タイプの陰陽師である道満が何篇も出て来るシリーズ4作目。1〜3作目に比べて厚さがなかった。しかし短編の数はあまり変わらない=作品ひとつひとつがコンパクトな印象。しかし、清明と博雅の良き相棒同志としても話がさらにわかりやすくなっていて、都の不思議が面白く感じられる。さすがに4作目になると清明が帝を“あの男”呼ばわりしても怒らなくなってた(笑)

  • 平安京の暗闇に蠢く魑魅魍魎に、若き陰陽師・安倍晴明と朋友の源博雅が敢然と立ち向かう大好評シリーズ第四弾。今回は、晴明は好敵手でもある蘆屋道満と、帝の招きにより宮中で方術比べをすることになった一件を描く「晴明、道満と覆物の中身を占うこと」や、これまた道満が絡む「泰山府君祭」他五篇。

  • 不思議な魅力があるのがこのシリーズ。ある意味心あたたまるのかもしれない。

  • 平安貴族になりたくなります。
    ほ も く さ い

  • 酒の入った瓶子がひとつ、ふたりの間に置かれている。<本文抜粋>

全104件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2019年 『キマイラ20 曼陀羅変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

陰陽師 鳳凰ノ巻 (文春文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする