冬物語 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.45
  • (6)
  • (14)
  • (28)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 130
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167545062

作品紹介・あらすじ

冬になるとワカサギ釣りに熱中していた時期があった。シーズンが始まったばかりの頃、氷が割れて湖に落ちかけたことがある。それを救ってくれたのが、釣り名人の園田かよさんだった-。表題作の「冬物語」をはじめ、人生の喜びと悲しみを温かな視線で切りとって見せた、珠玉の短篇12篇をおさめる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 医師のこういうとこも見てえや?て内容やった
    たしかに病院に行く人てどっか悪いから行くわけで、人の嫌な面ばっかり見えるんやな…大変や

    あと芝生、めっちゃわかる、昔の思い出って日に日にキラキラしていくねん、でも浸りすぎると進めへんねんな…

  • “自分が元気だとねえ、世の中には元気じゃない人も多いんだってことが分からないのよね。若い内はそれでもいいんだけど、なんだか、中年になってもそういうのって、夫婦としても、親子としても最悪みたいよ”
    (『空の青』)

    短編集である。南木さんの文章は、読むとささくれ立っていた気持ちが、ふーっと落ち着くから好きだ。

    自分が元気でバリバリ稼いでいるときは、社会福祉予算なんて削って景気対策に回せばいいんだと考えたりしがちになるが、病気になったり怪我をしたり老後が迫ってくると、そうも言っておられなくなる。みんないつ社会(共同体)のお世話にならなければならない時が来るかも知れない。
    そうなったとき少しでも暮らしやすいように、みんなで少しずつ負担しあって良い仕組みをつくっておこうよというのが社会福祉の考え方である。幸いにも共同体の世話にならずに人生を全うできればこれに越したことはないのである。

    だが最近は、社会的に弱い立場に陥ってしまった人を「自己責任」だという人がいる。社会保障を受ける人を「フリーライダー」だと蔑む人がいる。
    私は、社会福祉の仕組みを作ったり運用したりする側の人に、「痛みを分かろうとしない」「分かろうとしても想像力がない」人が増えたのではないかという気がしている。

    頭のいいやつは努力しなければ劣等生の気持ちなんて理解できない。こう言うと「なんで劣等生の気持ちなんか理解しないといけないんだ」と逆に質問される。それに対して私はこう答える。「能力を与えられた人間には、その能力を社会のために使う義務があるからだ」と。じっさい、能力があるのにそれを社会のために使わないのは罪悪だと私は信じている。

    お役人は、原則として首を切られない立場である。給与も水準よりはいいし、退職後の生活も手厚く保障されている。そんなお役人が困窮者のための施策を考える。お役人がある程度余裕のある生活を送れるのは、お役人が「勝ち組」だからではなく、本当に困窮者の気持ちや立場になって、社会を少しでも良くするためにものを考えてもらいたいからである。

    財産や権力も同じである。財産を得た人、権力を持っている人は皆すべからく、その財産や権力を社会のために役立てる責任があるのではないか。

    ・・・というようなことを、一話読むたび毎にとりとめもなく考えていた。


    本の話題に戻ろう。

    お薦めは「タオルと銃弾」。ものすごく切ない。やりきれない。だけど、著者のやさしさが行間に溢れているので、陰鬱な感じはない。
    「平和は大切です」と百万遍聞かされるより、一回でいいからこの物語を読む方がよっぽど心に沁みる。

    そのほか「赤い車」「冬物語」「芝生」など珠玉の逸品ばかりである。

    “いい娘だよなあ。胸なんか張り切っちゃって、
     若いのはいいよなあ”
    (『となり町で』)

  • 最もな南木さんらしい作品かも知れませんが、流石にこれだけ並ぶと食傷気味というのが本音です。
    数編は、私が好きな奇妙に突き抜けた明るさを持った作品もあるのですが、一方で露悪的になったり、暗すぎたり、私の嫌いな南木さんを感じさせる作品もあります。
    良いとか悪いとか言うこととは別の次元で、不器用な作家さんだと思います。名作「阿弥陀堂にて」では、主人公を女性に置き換えることにより成功したと思うのですが、多くの作品であまりに自分(あるいはその代役)を主人公にし過ぎてしまうので、どうしてもマンネリ感が否めません。
    もう少し、幅の広さが有っても良いのではと思うのは欲でしょうかね。

  •  お医者さんで、死を看取る話がほとんど。
     死ぬとは、いかに生きたか。

  • 温かい感じの小説でした。
    死と向き合い続けることで、
    人の温かさに気付けることもあるんだなぁ。
    本質が見えることの面白さみたいなものが
    ありましたね。

  • 資料番号:010732816
    請求記号:Fナギケ

  • 生まれた町の隣りの信州の町で、人間ドックの内診を受け持つ医師。
    彼は、元は患者の死を多く目の当たりにし、それを受け流すことができず、心の病を得て今の担当となりました。
    その病院の患者や、町の人、寝たきりの父を迎えた医師の家族など、出逢いと葛藤が綴られた12篇です。

    死が登場する作品群読んだ中で、最も心が穏やかでいられたのが表題作。

    ワカサギ釣りの名人の老女<かよさん>に、医師はコツを指南されます。
    彼女が名人にならざるを得なかったことのなりゆきは、悲しみと哀れさがあります。
    なのに、夫の死に向き合うかよさんの淡々とした態度には、必死に生きる人のたくましさと、諦めとはひと味ちがう潔さがあります。

      がんばって生きてきた。
      だから、死ぬときぐれえ楽に死にてえ。
      がんばって死ぬなんぞまっぴらだ。

    死を扱うこの物語には、バリエーションに富んだ生き方のヒントも満載です。

  • 読む時期を間違った

  • 本書は著者の実体験をもとにしてかかれている短編小説です。

    幼い頃から、大人になって医者になってからのものまで、内容はさまざまですが、医者であるというよりも生身の普通の小市民の視点でかかれています。

    お医者サンなのでどうしても死生観に関わることも出てはきますが、偉そうではなく近代医学では解決できない心の問題を控えめに提起している側面があります。

    何よりも私は彼の大げさでなく、やわらかく心をあたためてくれるような、やさしい文章が好きになりました。

  • 医者も人間

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

南木佳士(なぎ けいし)
1951年、群馬県に生まれる。東京都立国立高等学校、秋田大学医学部卒業。佐久総合病院に勤務し、現在、長野県佐久市に住む。1981年、内科医として難民救援医療団に加わり、タイ・カンボジア国境に赴き、同地で「破水」の第五十三回文學界新人賞受賞を知る。1989年「ダイヤモンドダスト」で第百回芥川賞受賞。2008年『草すべり その他の短篇』で第三十六回泉鏡花文学賞を、翌年、同作品で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。ほか主な作品に『阿弥陀堂だより』、『医学生』、『山中静夫氏の尊厳死』、『海へ』、『冬物語』、『トラや』などがある。とりわけ『阿弥陀堂だより』は映画化され静かなブームを巻き起こしたが、『山中静夫氏の尊厳死』もまた映画化され、2020年2月より全国の映画館で上映中。

「2020年 『根に帰る落葉は』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南木佳士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
伊坂 幸太郎
南木 佳士
有効な右矢印 無効な右矢印

冬物語 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×