愛する源氏物語 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.80
  • (20)
  • (27)
  • (29)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 211
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167548070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔読んだ漫画「あさきゆめみし」で、なんとなく登場人物を知ってるかな、と思って手に取る。

    源氏物語の和歌が、俵万智の解説付きで載ってる。
    和歌って難しいとばかり思ってたけど、俵万智風の和歌が添えてあり、分かりやすい解説もあって、面白い。

    それにしても光源氏ってスゴイ。会ったこともない人に恋したり、何マタしてんだか数え切れないけど、ちゃんと連絡したり通ったり面倒みたり、マメだなぁーって感心する。紫式部がスゴイのかな。

    いつかまた、読み直したい。

  • 万智訳がどれも妙訳!元の和歌の世界観を崩すことなく現代語に訳されていて、五七五七七の歌のリズムまで味わえるのがとてもいい。
    俵万智の、歌人としての技術的・叙情的な視点、裏付けされた古典の確かな知識、全てが集約されていて、本当に「見事」の一言。人物解釈も巧みで、なるほどなあと思わされる。
    とにかく、終始興奮するほど素晴らしかった。興奮しすぎて心臓がドキドキして読めないくらい。こんなに興奮したのは大塚康生氏の『作画汗まみれ』を読んで以来です。

  • 源氏物語の中の感情渦巻く和歌への切り込みが痛快ですっきりする。登場人物のそれぞれになりきって数々の歌を詠む紫式部もすごい。氷砂糖をなめるように和歌を味わいたい。

  • 拾い読み。紫式部の歌の素晴らしさがよくわかりました。

  • 「恋する伊勢物語」がおもしろかったので。
    こちらも俵万智の独自解釈やツッコミがおもしろい。さらに作中の和歌を現代風に作り直した「万智訳」が、31文字のリズムや風情を残したまま意味を理解できるようになっているので良い。

  • 源氏物語の面白さに気付かされました。

  • 私はまだ源氏物語をしかっり読んだことがないけれど、物語の中で出てくる短歌の奥深さがわかる素敵な一冊でした。

  • (「BOOK」データベースより)
    源氏物語には795首の和歌が登場する。ここぞ、というときの和歌は、恋のゆくえを大きく左右する。心の結晶である和歌を、小石のように飛び越えてしまうのではなく、氷砂糖をなめるように味わったならば、源氏物語の世界はさらに豊かな表情を見せてくれるだろう。千年の時を越え、「万智訳」でよみがえる愛の物語。

  • 与謝野晶子訳で源氏物語を読んだので、こちらで分かりやすい和歌の解釈が読めて助かった。

  • 和歌を一つ一つ取り上げて、詳しく、しかも、俵万智さん流に解説がなされていく本。さらに、一帖一帖取り上げるのではなく、何かのテーマを絞っての解説、横断的に解説をしていくのが面白かった。

    ただ、源氏物語をちょっと読んだだけでこれを読むことは難しかった。全部を読み終わってから読むと「なるほど」・「おお、面白い解説・新説だ」と思う。

    光源氏の女ったらしぷりを万智さんは楽しんで読んでいるような気はした。薫の優柔不断っぷりには、御怒りというか、あきれているような気がした。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

俵万智(たわら まち)
1962年大阪府生まれの歌人。同四條畷市、福井県武生市で育ち、福井県立藤島高等学校を経て早稲田大学第一文学部に入学。
1986年『八月の朝』で角川短歌賞受賞。1987年『サラダ記念日』を刊行し、空前の大ヒットとなる。他の歌集に『かぜのてのひら』『チョコレート革命』『プーさんの鼻』『オレがマリオ』など。他の著作に『愛する源氏物語』『俵万智訳 みだれ髪』など。2018年に『牧水の恋』を刊行。

愛する源氏物語 (文春文庫)のその他の作品

愛する源氏物語 単行本 愛する源氏物語 俵万智

俵万智の作品

愛する源氏物語 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする