蒲生邸事件 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.73
  • (649)
  • (719)
  • (1058)
  • (91)
  • (28)
本棚登録 : 5679
レビュー : 592
  • Amazon.co.jp ・本 (686ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167549039

作品紹介・あらすじ

予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた-。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイムスリップものだがミステリーとしての側面も持っている物語である。
    受験した大学はすべて不合格、駄目な奴だと自分に言い聞かせるように口にするどこにでもいそうな若者が主人公・孝史である。
    受験のために宿泊していたホテルの火災に巻き込まれ、間一髪のところを平田に助けられる孝史。
    時間移動の能力を持つ平田は自らの能力を嫌っている。
    危機に面した孝史を見捨てられなかったこと、無理をして現代に孝史を戻そうとしたこと。
    基本的に彼は善良な人だったのだろう。
    孝史がたどり着いたのは1936年2月26日の帝都。
    あの二・二六事件のあった日だ。
    平田の縁でしばらくの間住むことになった蒲生家では、同じ日に当主である憲之が命を絶っていた。
    戦争前夜ともいえる時代へ飛んだ孝史だったが、蒲生家で暮す人々は孝史の知る人たちと何ら変わらない人々だった。
    怒りや悲しみ、戸惑いやためらい、人としての感情は時代に関係なく誰にもあるものなのだから・・・。
    時間を遡り過去にたどり着いた者は歴史を変えてはならない。
    こんなルールを聞いたことがある。
    どんな場面に遭遇しても、未来に人間がそこに介入することは許されない。
    見守ることしか出来ないのだとしたら、何のための能力なのかと疑問に感じてしまうこともわかるような気がした。

    単なるミステリーやタイムスリップに終わらないところがこの物語の良さだ。
    結末に待ち受けている感動とあたたかさ。
    時を経てもつながっていく思い。
    読んでよかった・・・そんなふうに思いながら余韻を楽しめる物語だった。

  • タイムトラベル物だが、これがまた引き込まれる。あまり勉強していない現代日本史の一片に触れ、色々ググッてウィキペした。私は一体何を学校で学んでいたのだろう…。

  • やっぱり宮部みゆきは安定感抜群。
    読みやすくて、思わずページをめくっちゃうテンポのいい展開。

    タイムトラベルものはいろいろあるけど、
    この本はタイムトラベルに対してキャラクターがすごく現実的なとらえ方をしていた気がする。

    好きな人のために、誇りをもって能力を発揮するひと
    変えられない流れに絶望して能力を捨てようとするひと
    好きな子を安全なところに連れて行きたいと願う気持ち
    家族をおいて逃げられないと断る気持ち

    どれも、自分がその立場だったら間違いなくそうなってたと思う。

    結局、タイムトラベルなんてあっても意味ないのかな。

  • 期待通り……いえいえ、期待以上に面白かった蒲生邸なのですよ!11

    タイムトラベルだって言うのはもうあらすじで見ていたのですが
    好きなのですよそう言うの!!1

    『リプレイ』や『7回死んだ男』も『リピート』も『さよならの代わりに』も!
    映画だと『ミッション8ミニッツ(Source Code)』なんかも!邦画だと有名過ぎる『時をかける少女』や『青天の霹靂』などなど。仁先生や『信長コンチェルト』もそうか!
    舞台でもそう言えば好きなのがあったのです。
    良いのですよね良いのですよね


    この、タイムトラベル物、或いはタイムリープ物で、しーなが好きな所が2つ!あるのですよ!!1見どころと言うかなんと言うか。


    1つ目は「自分が未来、或いは過去から来たと告白するシーン」

    これってもう、伝家の宝刀みたいな気持ち良さがあるのですよね。
    未来の情報を口が滑ったり、少しだけ言ってしまったり。
    全然信じて貰えなかったのに、ちょっとした予言が当たったりすると……
    からの、終盤に「実は……」の告白。
    「何となく気付いてた」とか身近な人が味方になってくれたり。
    良いシーンなのですよね……!
    この、正解をストーリーに突き付ける気持ちの良さ。

    2つ目は、やっぱり「その後」なのです
    トラベラーが元の時間に戻ってしまう時の名残惜しい感じ。
    そして戻ってからの、歴史の確認やふれあい。手紙とか。
    過去へ戻った場合は、今から、未来にまた出会えると言う期待。

    もうね、少し寂しくて少し嬉しくて懐かしくて……と言う気持ちがめちゃめちゃ良いのですよね!!1


    と言う事で、二・二六事件へとタイムトラベルしてしまう主人公。
    楽しみに読み始めたのでした

    史実の中に蒲生さんと言う名前は無かったから、恐らくフィクションな元大将の退役軍人なのでしょうが
    蒲生邸があるのは四ツ谷。
    主人公が外に出たりして赤坂見附まで歩いたりするのですけど、道路や風景や駅が浮かんできて
    四ツ谷に住んでいたことがあるしーなとしては何とも呻いてしまったのです

    タイムトラベルした事がなかなか信じられない主人公。
    その18歳の受験生の目から見る1936年の東京は、ドラマや映画でしか想像できないのですが
    「皆が生きて働いてる」と言う、何でもボタン一つで出来てしまう現代との違いをひしひしと感じさせてて
    主人公の家庭環境を、改めて考え直したり、自分の将来について思い直したり
    そう言うミステリ以外の部分でもちゃんと物語やテーマがあって、やっぱり宮部みゆきと言う感じなのでした

    昭和初期の人達との関係が、段々会話からも親しんで行く過程が読み取れたり
    生活の中で、段々とその時代が好きになったり。
    良いのですよね。とっても。

    しーなの好きな山場もちゃんと味わえたし
    最後のシーンも悲しいけど気持ちが暖かくなったし
    そしてミステリとしても楽しめたし、SFとしても面白かったのです。
    色んな所謂「リプレイ物」を思い出したのですよ
    こう言うSFミステリーは、やっぱり時々読みたいのですよね。

  • 終わり方が美しくて、快く晴れ晴れとした気持ちで読み終えられました。大好きな作品になりました。

  • 「蒲生邸事件」
    著者会心の日本SF大賞受賞長篇。


    宮部みゆきの作品はたくさんありすぎて追いつかない。本作は宮部みゆきのSFって読んだことなかった(はず)ので、漸く手にとった。確かにあらすじを見ればSFなのだけど、それだけじゃない。


    二・二六事件真っ只中の戦前の東京にある蒲生憲之陸軍予備役大将の館に身を寄せた孝史は、蒲生予備役大将の自決に遭遇する。その自決に事件性を感じた孝史は犯人探しをするが、これはミステリー。


    また、まがい物の神だと自虐的に語る時間旅行の能力を持つ平田との衝突と生まれる絆、そして、ふきとの出会い。そこからすると恋もありな成長物語。


    色んな側面がある作品だ。その中で一番強いのは、歴史的な側面。テーマはSFでも恋でも成長でもなく、過去は過去と差別しないで、生きている時代に逃げずに向き合っていく。それを二・二六事件に直面する蒲生家とその関係者との短い日々を通じて、孝史は感じていく。


    孝史は、負けると分かっている戦争からふきを助ける為、共に孝史の時代にいこうと誘う。しかし、ふきはそれをしてしまうと逃げてしまうと言う。ふきはふきの時代に向き合って、孝史は孝史が生きていた時代に帰り、向き合いなさいと言うことだ。


    タイムスリップする前の孝史であれば、平田の人間として生きて死にたいと言う願いと同じくらいふみのこの言葉も理解できなかっただろう。しかし、僅かな日々であったが、蒲生事件や貴之、ふみ、珠子などの人々、なにより二・二六事件と当時の日本を肌で感じることで変わっていく(父曰く大人になった)。


    歴史がテーマとは言え、五十年以上の時間を越えたふきとの再会は、寂しくもあるが、爽やかでもある孝史の今後の姿が楽しみになる締め。また、平田に対する回想も良かった。


    個人的には、孝史の素直な(タイムスリップに対するリアクションを含め)とこや平田の実直なところ、珠子のキャラと登場人物が良かった点も含め、宮部みゆきって改めて凄いなと感じる一冊。

  • 10年ぶりくらいに再読。

    670ページ超の長編ながら、引き込まれて読むのが止められなくなり、長さを感じない。個人的には宮部氏の作品のTop3に入る面白さ。
    歴史への立ち向かい方も考えさせられる。

    最後の手紙の場面もいいです。

    文庫の新装版も出ているみたいだが、それよりこの表紙が良い。

  • タイムスリップしてしまった主人公。しかも行き着いた先は、歴史で習った二・ニ六事件の真っ只中の軍人のお屋敷!!
    続きが気になって気になって、どんどん読ませてしまうあたり流石宮部先生です。
    主人公の孝史が当時の民衆を眺めながら一人「とあること」に気づいた瞬間は、私も雑踏の中で自分一人だけ音が途切れた空間にいるような感覚に陥りました。
    でも「ここぞ」というときに今一つグッと来なかったのは、孝史やふきや平田や貴之といった主要人物にあまり感情移入できなかったせいかな…。。
    人生経験を積んでから、もう一度読み返したいと思います。

  • 2.26事件の前にタイムトリップした少年が、退役軍人の自殺をめぐる事件に巻き込まれ、その一族の人間模様を観察し、ナゾを解くという推理小説。

    一族が集まり、犯人はこの中にいる!というシーンを見た時は、ああ、コ◯ンっぽいなぁ(笑)っと思ったが、タイムトリップすることができる人物がいるお陰で、展開が読めなくなった。意外に面白かったというのが、印象。

  • 早、執筆当時と今との時間の隔たりに驚く。

    高校時代に読んだ本を、久しぶりに読み返してみました。

    海軍3部作などを読んだ今、見返すとまた違うかしら、と。

    90年代の、自分が高校生だった頃には違和感が無かったのに、今読むと、高校生がこんな言葉を思うのか?
    かと思えば湯たんぽがわからなかったりという、作品が書かれてから20年の隔たりを感じるように。

    そうか、湯たんぽは2000年代にブームが来たからわかるけど、90年代だと全然生活に湯たんぽが無かったのかななんて思い出しながら読みました。

    NHKかな、ドラマ化されていた記憶もあって、いしだ壱成さんと奥菜恵さんのイメージがちらつくこともありましたが、いしださんはともかく奥菜さんは今の姿を知ってしまっているのでなかなかふきには重ならず。

    今や、執筆当時の宮部みゆきさんの方が近い年齢になった今は、宮部さんが何をきっかけで構想を深め、この事件と平田たちの設定を結び付け、孝史を連れてきたのかしら、という事を考えながら読みました。

    火車(だいすき)と理由の間における作品。ほんとうに、複数路線の小説を、いろいろ描かれる作家さんですね。

全592件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

蒲生邸事件 (文春文庫)のその他の作品

蒲生邸事件 単行本 蒲生邸事件 宮部みゆき

宮部みゆきの作品

蒲生邸事件 (文春文庫)に関連する談話室の質問

蒲生邸事件 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする