人質カノン (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.18
  • (107)
  • (333)
  • (1496)
  • (138)
  • (15)
本棚登録 : 4548
レビュー : 380
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167549046

作品紹介・あらすじ

「動くな」。終電帰りに寄ったコンビニで遭遇したピストル強盗は、尻ポケットから赤ちゃんの玩具、ガラガラを落として去った。事件の背後に都会人の孤独な人間模様を浮かび上がらせた表題作、タクシーの女性ドライバーが遠大な殺人計画を語る「十年計画」など、街の片隅、日常に潜むよりすぐりのミステリー七篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。
    殺人事件のような大きな事件ではなく、むしろ事件が起きる前のような、ちよっとした出来事の話が多くて、それでもウンウンと共感出来る部分が多く、面白かったです。『八月の雪』『過ぎたこと』『生者の特権』等、“イジメ”の中で、半ば諦めながらも何とか光を見出していく、そんな人間の逞しさも感じられ、ほんのりと心が温かくなりました。

  • 熟練の技が光る一冊。
    とにかく上手い。上手すぎる。

    先日、読了した「我らが隣人の犯罪」があまりに面白かったものだから、またもや宮部みゆきの短編集を手に取ったのだが、インパクトという面では物足りなかった……のだが。

    やはり駆け出しの時代の作品というのはとてもとんがっていてインパクトもある。アイデアも斬新だ。ひねりも効いて、満足度が高かった。

    とはいうものの、この一冊は円熟の技を楽しめるし、心に静かに響く物語が多かった。

    他人にひどい仕打ちを受けたことのある主人公が、その理不尽な人生に打ちのめされながらも、生きることの意味を見いだそうとする姿が感動的な、「十年計画」や「八月の雪」なんかは素晴らしい出来だ。

    たったの一編で人生を前向きに歩いていこうと思わせる作品は、もうそれだけで価値がある。

  • かなり昔に読んだ本です。
    内容は見事に全部忘れていましたが、今回読み返して文章が読みやすいと思いました。
    片鱗はあるものの、今ほど文章がくどくなくてシンプルで・・・。
    短編集だからかもしれません。

    『人質カノン』
    居合わせたコンビニ強盗から見えてくる現代の人間関係

    『十年計画』
    自分を陥れた男を殺害する計画を十年かけて錬った、女性ドライバーの話

    『過去のない手帳』
    偶然拾った手帳から活力を得る、五月病の大学生の話

    『八月の雪』
    亡くなった祖父の遺書から生きる意味をみつける、事故にあった少年の話

    『過ぎたこと』
    自分の護衛をして欲しいと小学生から依頼を受けた、調査事務所の男性の話

    『生者の特権』
    夜中に飛び降り自殺をするビルを探す女性とイジメにあう小学生の話

    『漏れる心』
    マンションを売りに出した所、その部屋が上の部屋からの漏水で水浸しになった女性の話

    かなり安易なストーリーだな~と思うのも中にありますが、作者の言いたいことがはっきりしているのが特徴の短編集だと思います。
    各話から現代の社会がもつ問題点が見えてきます。
    この本を読んで人それぞれ色んな感想をもつと思いますが、主題がはっきりしているためストーリーの結論はひとつになります。
    それがこの作者らしいと思いました。
    良くも悪くもシンプルで読みやすい本。
    この中では、私は『十年計画』と『過ぎたこと』がいいと思いました。

  • 短編集で読みやすい。
    ただ、どの話もあまり印象に残らず、宮部みゆきにしてはそんなに面白くもなかった。

  • 面白くて一気読みした。

    ◆人質カノン
    切ない、、救いがないんじゃないかっておもってしまった。。
    OLと眼鏡くんの絡みは好きだけど。

    ◆十年計画
    ちょっとほっこり^^前向きに、一生懸命がんばろうってことだな

    ◆過去のない手帳
    そうだよな。。行動力がすごい。変わる・変わらないよりも、変えようとするかしないかが大事。

    ◆八月の雪
    序盤悲しすぎて読むのつらかったけど、勉強する意味に気づかされる。
    最後まで読んでよかった。

    ◆過ぎたこと
    よかったよかった。。いじめ系おおいな。。

    ◆生者の特権
    いじめ系…でも、支えになる人って大事だよな。。
    長年付き合った人じゃなくて、パットで逢った人でも。出会いだいじ。

    ◆溺れる心
    人にはいろいろ事情があるから、なにもしらずにひがんだりねたんだりするの、よくないな。って学んだ。

  • 『八月の雪』が前向きで好きです。他の短編の多くも、そこかしこに前を向くことの大切さを説いてますがこれが一番印象に残ります。本のタイトルはこちらの方が良かったかも知れません。

  • 一話目のやるせなさが尾を引く。

  • 最近は宮部氏の短編を読むことが多いんですけれども、これもまた面白かったですねぇ…! 宮部氏の長編はそれこそ何巻にも渡って続くものが多いので手を出しにくいんですけれども、その点、短編集は気軽に読めていいですね♪ 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    単なるミステリ作品というよりかはどこか人情を感じさせる作品であることも個人的に好みであり、また宮部氏の作品を読み続けようと思う動機となり得ます…! 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、そんなアレでどれもこれもが珠玉の短編…!といった趣のある作品ばかりでして、たとえば通勤電車内でチョロっと読むのにはうってつけの短編集と言えましょう…!

    さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • It's short story.
    You can read them without your energy because of daily life stories.
    I like "八月の雪"
    How about you?

  • 7つの短編からなる作品。いずれも日常生活に結びついた話題で自分の身近なこととして読み進められた。その日常の出来事からから社会への警鐘が含まれているように思えた。

全380件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

人質カノン (文春文庫)のその他の作品

人質カノン 単行本 人質カノン 宮部みゆき

宮部みゆきの作品

人質カノン (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする