誰か―Somebody (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.33
  • (185)
  • (659)
  • (1241)
  • (197)
  • (35)
本棚登録 : 6439
レビュー : 586
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167549060

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 杉村三郎シリーズ1作目、先に読んじゃった『名もなき毒』がかなり面白かったので遡ってみた。自転車との衝突事故で亡くなった義父運転手の過去を探るうちに色々と見えて来て…という内容だが、結局のところ大きな犯罪は無かったので印象としてはこじんまり。依頼者の梶田姉妹・妹、が姉の彼氏を寝取りたがるというなかなかの性癖を発揮してくれたあたりが救いか。2作目の方が面白かったかなー。

    大富豪の娘菜穂子と結婚した杉村氏の巻き込まれ人生はどうなるのか、3作目『ペテロの葬列』も読みます。

  • 淡々としてるもののつい読んでしまう。一大財閥のご令嬢と逆玉で結婚した主人公。義父の運転手の事故死の調査依頼を、故人の娘二人から受ける。性格が反対の姉妹のそれぞれを受け止め、真実を求めたら...

    なんかもー、姉妹のいる身には後味の悪い嫌な話だった。妹も男もサイテー、お姉さん割り食った人生でかわいそうというのが感想かなー

  • 杉村三郎シリーズ第一作。
    再読なのだが謎解きの巧みさに引き込まれてしまう。

    遺族の想い出となる本を出版するために、事故死した運転手の人生を調査することになった杉村三郎。

    遺児姉妹の長女が、幼い時の怖ろしい体験を引きずっており、父親の遠い過去にはあまり触れてほしくないこと以外は、ごく平凡な調べ物のはずだったのだが...

    随所に挿入されるごく小さな違和感や、妻と子供の何気ないが象徴的なエピソードが次第につながり、物語が次第に予想していなかった全貌を現していく手法は、本作でも遺憾なく発揮される。

    杉村三郎は、妻菜穂子と娘桃子を得て「これ以上に手に入れたかったものは思いつかない」ほどの幸福を感じている。
    同時に、究極の逆玉である菜穂子の境遇を「自分には分不相応なもの」で、その代償として失ったものも自覚している。
    善良な市民としてのささやかな、そして何よりも大切な幸福と、それを脅かす存在。
    守るべきものと、対峙しなければならないもの。
    魅力的な主人公である。

  • 名も無き毒を読んでからの、遡り。
    正直、理由あたりから宮部みゆきファンだった自分には、最近の作品には何か物足りなさを感じる。ただ、主人公の杉村さんの視点からのストーリーに魅力を感じるので、ぺテロ~も読む予定。

  • 最後の本筋と違う謎解きで後味が悪かった。それが無ければ、読み易くて良かった。

  • 名もなき毒へと続く 杉村三郎シリーズの第一弾。

  • 姉妹の関係が理解できない!!
    妹の梨子がとってもムカつく……
    女友達できないタイプだね!

  • これは……再読だな。

  • 父親の死が姉妹を苦しみに、そして同じ人を好きになった

  • 高一 ◯

全586件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

誰か―Somebody (文春文庫)のその他の作品

宮部みゆきの作品

ツイートする