風味絶佳 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.47
  • (139)
  • (301)
  • (454)
  • (80)
  • (17)
本棚登録 : 2791
レビュー : 307
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167558062

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 堅苦しい名家に嫁いだ女はゴミ収集の男の元に逃げる。彼の家で女はひたすら彼の体を作る食事を作る。
    なんてことはない話。だけど、なんだかしみる。

    冷静に考えたら、エンゲル計数すごいだろうなあとか思うのだけど、女の支配欲に憧れる。

  • ここ前 TVになぎらくんが出てて 風味絶佳読んでみよう!ってな感じで読んでみました。

    どの作品も登場人物の気持がむにゅむにゅ適な‥

  • 性格とか外見とかはっきりしたものでなく、醸し出す雰囲気や空気や正に風味は本人たちにしか解らない、もしかしたら本人たちにも解らないもので、なかなか理解し難い恋愛の短編集でした。でも、そういうので人を好きになるのも多いかなと思ったのも確かです。

  • 少なくとも彼女は、もう違う。
    顔も見たくない。
    女の子は、シュガーとスパイス。
    確かに、どちらも効き過ぎる。

    最後の一粒を口に入れ、
    箱を握りつぶそうとして、
    そこに書かれた古い字体に気が付いた。
    滋養豊富。風味絶佳。
    (間食/夕餉/風味絶佳/海の庭/アトリエ/春眠)

  • 恋はキャラメルの味がするのだと感じた短編集。
    口の中に風味が強く残る。

  • 中古で買った。読んですぐ売った。

    恋愛小説の名手?
    ベストセラーじゃなかったっけ?
    びっくりした。
    おどろくほど性に合わなかった。

    フィクションに求めるものが180°違う。
    作者のえろい発想なんかどうでもいい…
    恋愛小説と言われたので、少女漫画的なピュアさを所望してしまった。心情重視な感じの。

    どれもこれもおちてないと思うのは私だけ?
    人物の日常を描いて、さぁこれから始まるってときに幕が下りた感じ。
    ……人のこといえないけど。

  • 山田詠美さんの小説を読むのは初めて。日常の何気ない瞬間を捉えるのが上手な作家さんのだと思った。
    どの短編とも男女の恋愛を描いていて、幸せにはなりきれない関係で終わる辛味の効いた短編集だった。が、山田さんのあとがき曰く、どの作品も仕事へ向き合う職人の気概を描いてるとのことで、それはあとがきを読むまで気付かなかった(笑)

  • 特に夕餉と海の庭が好きだった。

    普段の生活の中で忘れていた気持ちをふっと思い出させてくれるような作品。
    どこかせつないのに心が温まる。

  • 甘くて、でも切ない恋愛短編集。どのお話も、ちょっと不思議な恋愛観や人生観に溢れていると思いました。
    風味絶佳のグランマは、女の強さと気高さ、そして甘い部分すべてを持ち合わせたような人で、惚れ惚れしてしまいました。

  • 美々ちゃんの話が好き。

全307件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

風味絶佳 (文春文庫)のその他の作品

風味絶佳 単行本 風味絶佳 山田詠美
風味絶佳 (文春文庫) Kindle版 風味絶佳 (文春文庫) 山田詠美

山田詠美の作品

ツイートする