風味絶佳 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.47
  • (139)
  • (301)
  • (454)
  • (80)
  • (17)
本棚登録 : 2791
レビュー : 307
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167558062

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どれも面白かったが、春眠の弥生にだけ全く共感できなかった。

  • いい色を感じられた短編集でした。

    表題作映画なってました。
    柳楽&沢尻。
    読んだ直後は合わないな~って思ったけど
    意外と合うかもな。
    ・・・見てないので何ともわかりませんが。

  • 山田詠美2本目。
    高校生のときに読んだのは『ぼくは勉強ができない』。あのイケメンの少年と石けんの香りの少女と香水の艶やかなお姉さんしか記憶にないけど。

    まるで夢見ているように現実感がない人たちが出てくる。ふわふわと漂う恋人たちを見つめる者はさぞ苦しかろう。もどかしくてもどかしくて、でも艶やかで。
    ほんとうに現実的なのはどっちなのか、わからなくなってくる。

    お気に入りは風味絶佳のグランマ、次いで海の庭のお母さんと、春眠の弥生。夕餉の私もいきいきとして好き。

    身体の美しい人には、それはそれは美しい魔女がやってくるのだろう。

  • 表題作の「風味絶佳」は、
    少年が失恋を通じて、大人になる過程を描いた作品。

    大好きな女の子をただひたすらに大切に扱い続けたのに、
    他の男にさらわれてしまった主人公に、祖母は諭す。

    「女の子はシュガーアンドスパイス。
    甘いだけじゃダメなんだ。」

    恋愛は難しい。
    何度恋愛しても同じような間違いを繰り返すし、
    そもそも正解がなにかも、全くわからない。

    でも失敗から学んで、少しずつ、
    心地よい距離感や信頼関係の作り方を覚えていく。

    遠い昔のほろ苦い記憶を
    甦らせてくれる小説。

  • sugar & spice
    優しさとタフさの配分。
    女の子は、わがままで、きっと優しさだけじゃ物足りなくて、刺激だけでも安心できなくて不安でいっぱいになっちゃって、sugarとspice両方合わせ持った男性に惹かれてしまうのだろうなあ、と思う。優しいけど、強引なひとが好きとか。普段冷たいのに、実は自分のこと考えてくれているようなひととか。優しいだけじゃ物足りなくて、甘いだけじゃ溶けてしまうだけで、それも良いのだけれど。。
    あんたは返品されたんだよ、ってところで思わず、笑ってしまった。ああ、そんな表現の仕方もあるのか、と。返品されない女になりたいなあ。思わず買ってしまっても、手放せないような。

  • 山田詠美の作品は、教科書に載っていた「ぼくは勉強ができない」以来。短編6篇からなるこの作品は、読後感がたまらなく、ほろ苦い。今までの自分だけの世界ではなかなか感じられない、複雑な感情を得られる時間だった。SFでもなくミステリーでもない、日常のヒトコマにありそうな話なのに。満足!!

  • 思春期特有の、あの焦がれる感じだったり
    「腐りかけた甘い味」のようなどろりと生々しいものなど
    色々な短編があり、話ごとに好みが分かれるかもと思った。
    私は生々しいのはどうも駄目でした。
    「春眠」の
    女の子が言う、「人生って、ままならないもんだねぇ」というフレーズが好き。

  • 友達に借りパクされちゃった。

  • 山田詠美はあまり読んだことがなかったけど江國香織の大好きなエッセイで、トラッシュ、の美しさについて書かれていたので、本を読んでみようと思った。
    風味絶佳、と海の庭が好きだったが、
    恋の持つとろけるような感じと、でもその恋だけにひたってしまわず、共存している現実世界の描き方とが、浮世離れしていない、だけど恋の素敵さ、ちょっとした苦しさをきちんと感じさせてくれる作品だった。
    文章の描写のひとつひとつに風景があり、ちょっとした登場人物の感想というか感じ方に、たくさんの名言が詰まっていた。かっこいい。
    苦手な作品と好きな作品が分かれそうだけどほかにも読んでみよう。

  • 風味絶佳の映画をみようかなーと思ってるところで、先にこの本手に入れてしまったので(。´_`。)

    山田詠美さんの本は好きだけど、なんでこー毎回、執着心が強いとゆーか、嫉妬深いとゆーか、なんがねちーっとした感じなのか。でも読み口がさっぱりだから重くならなくて、やっぱ読みやすいから好きです。

    夕飯の話が1番面白くてほっこりしました。

    けど、「海の庭」の「何か大きなものによって人間関係は動かされている。私たちにはかなわない力強いものに」ってとこにしっくりきました。

全307件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

風味絶佳 (文春文庫)のその他の作品

風味絶佳 単行本 風味絶佳 山田詠美
風味絶佳 (文春文庫) Kindle版 風味絶佳 (文春文庫) 山田詠美

山田詠美の作品

ツイートする