ハンガリー事件から、湾岸戦争、ソ連邦崩壊まで 危機の政治学 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.56
  • (4)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167560126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 難しい・・・。気長に読もうと思う1冊です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、国家地方警察本部(現警察庁)に入庁。「東大安田講堂事件」「連合赤軍あさま山荘事件」等に警備幕僚長として危機管理に携わる。86年より初代内閣安全保障室長をつとめ、89年昭和天皇大喪の礼警備を最後に退官。2000年、第四八回菊池寛賞を受賞。2001年、勲二等旭日重光章受章。著書に『東大落城』(文藝春秋読者賞受賞)等がある

「2016年 『重要事件で振り返る戦後日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々淳行の作品

ツイートする
×