いま、女として―金賢姫全告白〈上〉 (文春文庫)

制作 : 金 賢姫  池田 菊敏 
  • 文藝春秋
3.51
  • (10)
  • (9)
  • (38)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167565015

作品紹介・あらすじ

「二つの朝鮮を策動する南朝鮮の飛行機を落とせ」-親愛なる指導者・金正日の親筆指令を受けた美貌の工作員・金賢姫はぶじに任務を果たした。しかし、毒薬タバコによる自殺に失敗、韓国へ護送された。南山の地下取調室での巧みな尋問に、ついに彼女は重い口を開き、百十五名の命を奪った破壊テロ工作の全貌を語り始めた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • KAL機爆破の実行犯、金賢姫による手記。
    本書では、KAL機爆発の命令を受けた彼女が、「祖国統一の偉業をなす英雄」としての矜持を持って任務を遂行するが、警察に捕まって人間的な扱いを受けるうちに、自分の過ちに気付き、北にいる家族への心配で葛藤しながらも自白に至る過程が描かれている。

    19歳で「工作員」に選ばれて何年もの間訓練を重ね、それを誇らしく考えてきた20代半ばの女性が、使命感に溢れて飛行機の爆破任務を受けるにいたる様子や、小さな行き違いによってバーレーンで警察に捕まりそうになって自殺を試みようとするときの心情、その後、取り調べの過程で何の罪もない多くの労働者を殺した、ということに動揺したり、北朝鮮で繰り返し聞いていた韓国の様子と実際のソウルのあまりの違いにショックを受けたりする様子が生々しく書かれている。

    取り調べの間にも、もう二度とは会えない家族を思って泣いてばかりの女性である。せいぜい20代の女性にこのような大それたことをさせる国の異常さ、自分の家族が「英雄」の家族として優遇されるよう自ら死のうとする人間を作り出す国・北朝鮮の残酷さについて考えざるを得ない。

  • 大韓航空機爆破事件の金賢姫の半生記。金賢姫は自分のすべてを語っている。何よりも描写の詳細さ、彼女の記憶力に圧倒される。金賢姫には半年前ソウルで会い、二日間、じっくり取材したばかりだ。彼女はいま、地方都市でひっそり暮らしながら、二人の子供を育てている。大韓航空機を爆破した後、彼女はバーレーンから身柄を移送され、韓国国家安全企画部の取り調べを受ける。中国人を装い続けた金賢姫は、捜査員によって大都会・明洞に連れ出され、南大門市場で美味しいクッパを食べて自白した。豊かな民主主義社会を目の当たりにし、北朝鮮で受けた教育が嘘だったことに気付いたからだ。私は彼女と同じルートを歩き、同じクッパを食べながらインタビューした。「いつか二人の子供に母はテロリストだったことを明かさなきゃいけない」。こう語る彼女の唇が震えているのが印象的だった。(竹内明)

  • 作者は大韓航空機爆破事件の実行犯、元死刑囚。

    先日、北朝鮮による日本人拉致被害者家族と著者が面談をし、ニュースになったばかりだが、よく考えると小生の不勉強で、なぜ北朝鮮は国家として本当にそのような事をしたのか、どうやってやったのか、実行犯である作者はなぜ刑を免れたのか、そして、どうして今になって拉致被害者家族と会ったのかなど、実はよくわからない事ばかりなので、とりあえず本作を読んだ。

    読んでいる最中に、今度は北朝鮮によるミサイル発射実験があり、これが偶然なのか、それとも北朝鮮という国は、しょっちゅうこんな事ばかりやっているのか・・・。

    逮捕される場面、取り調べられて自供するまで、実行までの手順などは興味深い。9.11以後の今のセキュリティ体制なら、同じ事はできないだろう。

    著者の北朝鮮での生活も詳しく書かれているが、今(といっても爆破事件前のことなので20年以上前)でも、こんな生活をしているのか、というような事柄がたくさんありすぎる感じで、その部分は少し飽きた。なにせ、爆撃に備えて、灯火管制の訓練までやっていたそうだ。

    この1冊がすべてではないだろうけれど、参考になった。これからも機会があれば、事件の背景などを検証してみたい。

    いずれにしても、北朝鮮という国家に人生を翻弄されたという意味で、拉致被害者やその家族と同じような運命を、たどらざるをえなかった一人と思う。

  • 想像を超える現実を生きた女性の記録。思い返したくない記憶を思い返してこのように書き起こすのは、たいへん重いことだったろう。

  • 大韓航空機爆破の背景をキム ヒョンヒ本人が告白している本。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4167565013
    ── 金 賢姫/池田 菊敏・訳《いま、女として(上)金賢姫全告白 ~ 199109‥ 文芸春秋 199409‥ 文春文庫》
     

  • 2010.7.21 紹介

  • 愚弟の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    「二つの朝鮮を策動する南朝鮮の飛行機を落とせ」―親愛なる指導者・金正日の親筆指令を受けた美貌の工作員・金賢姫はぶじに任務を果たした。しかし、毒薬タバコによる自殺に失敗、韓国へ護送された。南山の地下取調室での巧みな尋問に、ついに彼女は重い口を開き、百十五名の命を奪った破壊テロ工作の全貌を語り始めた。

  • 200516

  • さらっと読んでしまいます。
    上下巻です。
    読んでから、彼女を見る目が変わったな。

全18件中 1 - 10件を表示

金賢姫《キム/ヒョンヒ》の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
遠藤 周作
村上 春樹
ヘミングウェイ
宮部 みゆき
宮部 みゆき
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする