おいしい女たち 飲食男女 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.42
  • (9)
  • (18)
  • (24)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 163
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167581053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エッセイのような掌編という感じでしょうか。全てが本当にあったこととは思えないけれど久世さんの中ではあったことなのかなと思う。それはそれで良いし嫌いじゃないです。
    全編もちろん昭和の香りがするし耽美的でもあるので好き嫌いはわかれるかなと。私はそういう癖のある作品が好きなんですよね。
    真実かどうかは別として男の人は弱くてロマンチスト、女は地に足がついていて強いと感じる作品です。女って辛さや悲しさも身の内に取り込めるところがある、ある意味楽しめるというのか。そういう強さは嫌いじゃないです。

  • 古き良き日本に生きた男女の、幻想的でエロティックな、ぎりぎり際どい官能的な話が詰まった短編集。哀愁溢れる情景描写と文章自体の美しさ、品の良さに惹き込まれました。

  • 昭和のかをり。人妻と逢瀬する青年、年上の女と同棲する学生、大学生の姉妹と関係を持つ男など、これは、久世光彦の随筆か、小説か。いずれにせよ、どの話も、女が男を飲み込んでいました

  • 38853

  • 「食欲」と「性欲」、色んな欲があるが、人間の持てる中でも有名かつ大きな欲の2つであろう。この2つ人間の五感と密接に関わっていて、この2つ自体も密接に関わっている。性行為のあれこれを飲食に比喩するのは、下品な下ネタ話から文学作品まで例に事欠かないわけである。

    で、この本、男と女のあれやこれやを食べ物を背景にして語る掌編集。下品と文学の境界線をなぞるかのようなキワキワさはまさに蟻のとづかわたり…(と、俺がやると、こうも下ネタになる)

    目線や数少ない言葉のやり取りで、関係をもててしまうのだから、男は随分とモテ男なのだろう。それも、数多の女性にキャーキャー言われるタイプのモテ方ではなく、目線や仕草がセクシーでほっとけないちょっと不健康なモテ方をするタイプ、プレイボーイってヤツか。

    キャーキャーも不健康も、とにかくモテるってことに縁のない俺なんかは、こういう世界もあるんだなぁと感心するばかり。薄い本だが手ごたえはナカナカのもんだった。

  • 「ぼく(久世さん)」に憧れる。

    魅力的でゾワっとするような怖さ、妖しさを持った年上女性たち。
    ぼく(自分)には食べる(深入りして関係をもつ)勇気も機会もないような彼女たちをこの本を通して味見。

    ぼくは憧れる。

  • 違う唇が喋るのを聞いたエピソードからして妖しく強烈な導入。亡き親友の彼女に迫られた、背伸びして入った高級な湯豆腐屋。子供の頃の一時期一緒に住んでた親戚のお姉さんとジャム。同じアパートの人妻と白桃。次々と豪華なんだけど取り合わせの奇妙なディナーを持ってきてくれる親友の妻。メロンパン、クリームパン、刺身、せんべい、牛乳...。子供の頃仲間たちみんなで見た写真の女と電車でばったりあった驚き。札幌に疎開していた時にあった活発な少女。とろろ芋の好きな女。骨の鳴る女。近所の洋館に出入りする外国人の男女の思い出。煮凝りの思い出と共に語られる日仏ハーフの絵描きとの日々。/なんとも言えないあじわい深さ。もう何度か読んだらしっくりくるのか/「<ファウスト・ハイム>では、いつだってヴェルレーヌみたいな雨が降っていた」と言う一文の印象と、井上順のお茶の水えれじい聞いてみたいなという思い。

  • 「寺内貫太郎一家」「時間ですよ」など、向田邦子とコンビを組み、数々のテレビヒット作を産んだ久世光彦。彼の書く文章は、丁寧な演出を凝らした映像を見ている気分になります。湯豆腐、苺ジャム、蕎麦、桃、お汁粉、無花果、おでん。食べもののある風景からたちのぼる、官能的な十九の掌編集。一つ一つの文字が、まるで熱を持っているかのような艶やかな一冊です。

    雨音文庫おすすめの一冊
    http://bookbookokitama.wordpress.com/event/hitohako/

  • オチがない。だから締まりが悪い。のだが、その切れ味の悪さがこの作品の妙味なのだなと。そこが新鮮。

  • 久世 光彦の女遍歴自慢の本か?面白くもない!

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1935年東京生まれ。演出家、小説家、随筆家。おもな演出作品に『寺内貫太郎一家』『時間ですよ』、小説に『一九三四年冬─乱歩』、エッセイに『触れもせで─向田邦子との20年』など。2006年没。

「2021年 『「女」のはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久世光彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
J・モーティマー...
谷崎潤一郎
久世 光彦
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

おいしい女たち 飲食男女 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×