漢字語源の筋ちがい (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.42
  • (1)
  • (6)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167598082

作品紹介・あらすじ

十二月を「師走」というその語源は「年末は忙しく先生までも走る」から、「塩梅(あんばい)」とは昔は塩と梅で味つけしたからとか、尤もらしく言われているけれど…漢字語源の俗説をついた連作をはじめ、名前にちなむ愉快な話、井伏鱒二が『唐詩選』から『臼挽歌』をへて名作『厄除け詩集』を作った経緯など、面白エッセイが満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「片頬三年」というタイトルの記事で、「四民平等は四民こぞって百姓町人になったのではなく、その気がまえにおいて、みな武士になった。特に女がなった、とわたしは思う」と著者は述べているのですが、政治的な含意を読み取ることを読者に促すような文章だという印象を受けてしまいました。

    近代以降の日本で「武士道」が国民道徳にまで押し上げられたことへの批判が、主として左派の論客から提出されていますが、そういったコンテクストの中に著者の発言を引っ張り込むとどのような効果を持つだろうか、といったことも考えさせられました。

    あと、どうでもいいことながら一言。諸田玲子の時代小説に「連絡」という言葉が用いられていることを取り上げたエッセイもおもしろかったのですが、諸田も美人だったばかりに、怒りっぽい御隠居の目に止まって叱られる羽目になったのは不運なことでした。「楚々たる美人、とはこういう人のためにあることばではないかと思った」と著者は述べているのですが、たおやかでありつつ芯の強そうな女性が著者の好みなのでしょうか。何となく、腑に落ちるような気がしたのですが、上で記した政治向きの話に引っ張られてしまったのか、そう言えば櫻井よしこと同じタイプではないか、といった連想をしてしまいました。

    いつもながらこの「お言葉ですが…」シリーズは勉強になるのですが、どうも今回は雑念が入って余計なことばかり思い浮かんでしまいました。

  • マジレスすると、「めるとも」は「メール友達」の略だから、「めるゆう」ではないと思うよ。
    新聞固有の書き方というのは、字数制限があるからだと思うし。

    読者層が限定された内輪感は否めないかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1937年生れ、兵庫県相生市出身。東京大学大学院修了。中国文学専攻。本書で第11回講談社エッセイ賞受賞。長年にわたり「週刊文春」で「お言葉ですが」を連載。主な著書に『中国の大盗賊・完全版』『漢字雑談』『漢字と日本語』(講談社現代新書)、『お言葉ですが』シリーズ(文春文庫、連合出版)、『水滸伝の世界』『三国志きらめく群像』『漱石の夏やすみ』『水滸伝と日本人』『しくじった皇帝たち』(ちくま文庫)等がある。

「2018年 『本が好き、悪口言うのはもっと好き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高島俊男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×