グロテスク 上 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.55
  • (292)
  • (465)
  • (727)
  • (106)
  • (29)
本棚登録 : 4405
レビュー : 427
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167602093

作品紹介・あらすじ

名門Q女子高に渦巻く女子高生たちの悪意と欺瞞。「ここは嫌らしいほどの階級社会なのよ」。悪魔的な美貌を持つニンフォマニアのユリコ、競争心をむき出しにし、孤立する途中入学組の和恵。ユリコの姉である"わたし"は二人を激しく憎み、陥れようとする。圧倒的な筆致で現代女性の生を描ききった、桐野文学の金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上下巻通しての感想。
    「東京電力OL殺人事件」を題材に書かれた物語は多い。
    この「グロテスク」も和恵というキャラクターの設定に事件を反映させている。

    桐野さんの物語には底辺に悪意がずっと流れているものが多い。
    ユリコ、和恵、ミツル、そして「わたし」。
    心の中に 底なしの悪意を抱えている。
    彼女たちの悪意がもたらしたものは、いったい何だったのだろうか。
    「わたし」によって語られるユリコと和恵の人間像。
    すべてではないにしてもある程度は自分というものを理解していたユリコ。
    まったく自分というものを理解していなかった和恵。
    それは第三者に自分がどう見えているのか・・・といった点にもはっきりとした違いを生んでいる。
    破滅していく様を楽しんで傍観している「わたし」も、自分が見えていないといったところでは和恵と似ているのかもしれない。
    気味が悪いほど異様で歪みきった精神。
    多かれ少なかれ、誰の中にもその芽はあるのだろう。
    目を背けたくなるようなものほど凝視してしまう。
    読んでもけっして幸せな気持ちにはなれないのに、それでも読むことを止めることが出来ない。
    悪意という名の強烈な力に引きずられるように読み終えてしまった。
    「わたし」が抱え込んでいる悪意が怖ろしい。
    ユリコも和恵も、その悪意の標的となり被害を被ったこともある。
    事件を起こすわけでもない。
    変人だと思われても、ひっそりと社会の中で生き延びている「わたし」のような存在こそ悪意をまき散らす源になっていくのだろう。
    面白い物語はたくさんある。
    心に残る物語もたくさんある。
    けれど、読み手を圧倒し引きずり込むような物語は少ない。
    読み終わったあとの後味の悪さも含めて強烈な物語だ。

  • タイトルを見てグロい話だと思っていましたが。
    肉体的・猟奇的なグロ話はありません。
    ただ。
    暗いぞ~。
    不快やぞ~。
    僕にピッタリ。
    おもろいわ~。
    アメトークで紹介されていたので読みました。

  • さすが桐野夏生。
    いやー重い。救いがない。
    人の闇って怖い。

  • 「大人たちの勝手な所業の産物でしかない。子供の責任ではないのに、背負っていくのは子供」

  • 姉妹の葛藤、学園生活のカーストがうまく表現出来ていて面白かったです。
    上はサクサクと進み、展開もいいです。娼婦の話しなのでこれからどの様に展開になるとかと思い下にワクワクがありつつ行きました

  • ずっと読みたいと思ってたけど、そんなに好きではないかなあ。中国人の話は結構面白かったけど、姉のターンは読むのがめんどくさかった。

  • 自己愛の強い登場人物ばかりで作られた胸くその悪い物語。それでも読ませてしまうのは、作者の力量なのだろう。

  • 女って怖い!!

  • 個性だの、才能だの、そんなものは、凡庸な種族が何とか競争社会を生き延びるために備えて磨く武器でしかないのです。わたしが悪意、ミツルが頭脳。才能をそれぞれ磨いて、ここで何とかサバイバルしようとしているのも、姿かたちが他を圧倒して、力を封じてしまうほどの怪物ではないからなのです。

  • 「人生は自分の思うようにならない、心の中にしか自由はない。」人はこんなにも誰かを憎んだり、蔑んだり、陥れたりできるものなのか…人間の一番エグい部分だけを拾い集めて凝縮したような一冊。女のヒエラルキーで最強かつ唯一力を持つのが美で、これを持たぬ者は他の才能を磨くしかない。妹ユリコはその美をもち、姉わたしは悪意を、学年一の秀才ミツルは知性を磨いて行く。状況認識に欠ける和恵は他者の価値観を映す鏡となり、やがて鏡はこわれてゆく…。

全427件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年金沢市生まれ。成蹊大学卒業。1993年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞、1998年『OUT』で日本推理作家協会賞、1999年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、2004年『残虐記』で柴田錬三郎賞、2005年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、2008年『東京島』で谷崎潤一郎賞、2009年『女神記』で紫式部文学賞、2010年『ナニカアル』で島清恋愛文学賞、2011年同作で読売文学賞を受賞。2015年、紫綬褒章を受章した。近著に』『奴隷小説』『抱く女』『バラカ』など。

「2016年 『猿の見る夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桐野夏生の作品

グロテスク 上 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする