始皇帝―中華帝国の開祖 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (5)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167607012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2018/03/31 15:41:57

  • 始皇帝は偉大な業績を残しながら、一般にその評価は低い。それらは、始皇帝が弾圧した儒家たちによって歪められてきた部分も多分にある。そこを、始皇帝の人間像に深く迫りながら、暴君や独裁者といった彼のレッテルをはがしたい、多くの人の悪い評価を変えたいという、筆者の思いが伝わる一冊であり、始皇帝好きの私としては共感できる。筆者曰く、始皇帝と韓非子との「崇高な戦い」も見所のようだ。

  • 4167607018 1998・9・5 2刷 357p 

  • 安能モード全開!な本。ちょっと政を名君化しすぎた感は否めない。そうだ、蒙毅ファンは必読ですよ。あと、しゃべる韓非にーさんが見たい方も是非。

全4件中 1 - 4件を表示

安能務の作品

ツイートする